山口県山口市 山口政事堂跡

江戸時代初期より長州藩の藩庁は指月城でしたが、
幕末に攘夷決行に備えて海に面した萩から、
内陸で領地の中心でもある山口に藩庁が移されました。

長州藩が萩を藩庁としたのは幕府の指示であり、
もちろん勝手に藩庁を移すことも、
領内に城を新たに造る事も許されません。
幕府への申告には、萩は下関二田尻
室積などの領内要所からは遠く、
イザというときの指示号令に差し障りがあるので、
仕方なく山口に仮移転するという趣旨で報告し、
指月城はそのままで、金銀や家来、妻子は萩に留めて、
あくまで仮の出張政庁を置くだけだとしています。


旧山口藩藩庁門」。
山口政事堂唯一の木造遺構。
切妻造、本瓦葺きの薬医門です。


山口藩廳跡」碑。
門の脇に跡碑があります。
ちなみに山口ってのは長門国(長州)ではなく、
周防国(防州)なんですよね。
山口に藩庁が移って長州藩ってのはおかしいわけですが、
まあだれも防州藩なんて呼びませんよね。


水堀」。
堀も数少ない遺構のひとつ。
錦鯉や白鳥が泳ぎ、噴水もあります。


山口県庁」及び「山口県警察本部」。
山口政事堂跡は、現在県庁と県警本部が置かれています。
幕長戦争に勝利した長州藩は正式に山口政事堂を藩庁とし、
正式に山口藩となります。
明治4年に廃藩置県が行われて廃城となった後も、
山口県庁が置かれてました。


山口県政資料館」。
旧山口県庁舎旧山口県議会議事堂からなり、
国会議事堂を手がけた妻木頼黄武田五一
大熊喜邦が設計した大正建築の煉瓦造の建物です。
昭和59年に現在の県庁が建てられるまで、
県庁舎として使用されていました。

山口政事堂は山口城とも呼ばれますが、
定義的には城ではなく陣屋形式といったところでしょう。
もちろんその敷地は、陣屋というには広大すぎる規模ですが、
一重の堀が作られたのみのものです。
実際の防御としては、そこまで厳重ではないようですが、
ここを攻められるようではすでに長州藩はアウト。
そんなことよりも別に金を使うべきでしょう。
現に幕長戦争では領内に入れる前に攻め込むという、
先制攻撃の態勢をとっています。

海沿いから内陸に拠点を移すというのは、
支藩の長府藩が行っています(記事はこちら)。
こちらの場合は、諸外国の攻撃に備えるための要塞でしたが、
山口の場合、指揮系統のタイムロスを無くすためのもので、
広大な長州藩領において、下関や三田尻、岩国などの要所へは、
萩からでは指示に時間が掛かりますが、
領内の中心である山口に藩庁を置くことにより、
このタイムロスを少なくすることができます。
特に幕長戦争時は四方から幕軍が攻めてくるわけで、
萩では対応が出来なかったでしょう。
そういう意味では、幕長戦争勝利に多大な貢献をした城ですね。

【長州藩(山口藩)】
藩庁:山口政事堂
藩主家:安芸毛利宗家
分類:36万9000石、外様大名(国持)

■関連記事■
萩市 指月城跡
 山口政事堂に移転する前の長州藩の藩庁。
下関市田倉 勝山御殿(再訪)
 長府藩も内陸に藩庁を移しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。