妖刀村正について

徳川家に仇なす妖刀として知られる「村正」。
若い連中にはゲーム等で知られてますね。

村正は伊勢国桑名で活躍した刀工の名で、
同銘で数代の村正がありました。
初代村正は定かではありませんが、
美濃の赤坂千手院鍛冶の赤坂左兵衛兼村の子とされています。
五郎入道正宗の弟子ともいわれますが、時代が合っておらず誤り。
初代以降、数代が銘を受け継ぎ、その弟子達が村正派となりました。

その村正の刀、徳川家に仇なす妖刀となった理由ですが、
徳川家康の祖父松平清康、嫡男信康
そして正室築山殿を殺した刀が村正だった為。
関ヶ原の戦いの際に、家康を負傷させた槍も村正との事。
そういうわけで「徳川に仇なす」とされ、
忌避とされ忌み嫌われるようになったとか・・・。

で、幕末の倒幕志士達はこぞって村正を買い求めた。

・・ってことで、村正を買い求めた志士を調べてみましたが、
有名な志士達はほとんど村正なんて持っていません。
唯一、西郷隆盛が「伊勢千子村正」を所有しています。
こぞって村正を買い求めた訳ではないらしい。

そもそも「徳川に仇なす妖刀」と本当にされていたのか?
調べてみるとされてるようです。
・・っていっても庶民達の噂でですけどね。
まず妖刀と定めたはずの家康が何本か村正を持っていましたし、
徳川家の家宝にも多くの村正が残されていますし、
徳川四天王本多忠勝の槍「蜻蛉切」や、
酒井忠次の愛刀「猪切」も村正派の作です。

どうも庶民の間で村正妖刀説が発生し、
それがだんだんと上にも伝わってきたような感じですね。
そういうのって現代もありますが、
昔なんて噂や伝説を今より信じますからね。
そんな庶民の噂で反乱を起こした由井正雪や、
学者の新井白石なんかが信じたもんだから、
※彼らも庶民だった。
大名や旗本達も村正を所有するのを控えるし、
徳川家もだんだんと村正って妖刀なのかなって思うわけで、
そんな噂がある村正を集めてるってことは、
徳川転覆を願うものだって事になる。
府内藩2代藩主竹中重義は、東南アジアとの密貿易の罪の他、
村正を多数所持していた事で切腹になったとされています。
最終的に幕府公式の歴史書である「徳川実紀」にも記載され、
村正妖刀説公式となるのです。
創作がいつのまにか公式化するなんてよくある話ですが・・・。

そんなわけで村正妖刀説は昔からあったようで、
幕末に至っても村正が「徳川に仇なす妖刀」だという認識は、
もちろんあったようです。

ですが、村正をこぞって買い求めたかというと微妙で、
まず末古刀慶元新刀である村正は簡単に手に入らないし、
村正派もある程度高価な刀なんで浪士が買えるはず無い。
西郷が持っていたという話も、本当かどうか微妙な話だし。

ニセモノが出回っていたという事ですが、
商人達も大々的に「村正売ってます」なんて言えないので、
村正を探してくれっていう田舎者の浪士に、
デマカセで銘無し刀を売る程度だったんじゃないでしょうか?

有名な志士達の手紙等に村正がどうのといった話は残っていない。
こぞって村正を買い求めたなんて、どうも明治の創作のようです。
ここでも創作が公式化したのでしょうね。

■関連記事■
忍者の国 長州??
 創作を信じ込むとこうなる。
歴史を善悪で区別するのはナンセンス
 歴史は簡単なものではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。