下関市福江 長府報国隊士迫田為太郎の墓

長府報国隊の砲隊司令迫田為太郎の墓が、
下関市福江にあります。


地元の人以外知らないような山の墓地です。


迫田為太郎源清治墓」。
文政十年、福江村生まれの長府藩士。
報国隊に入隊して、小倉戦争では砲隊司令として活躍します。
戊辰戦争でも、北越戦争に北越軍会計主事として参戦しますが、
負傷して明治三年に戦病死しました。

北越戦争の戦死者は、新潟県小千谷市の船岡山官軍墓地や、
新潟県上越市の金谷山官軍墓地などに墓がありますが、
負傷して後に死亡した場合、墓は建てられません。
迫田も同様に上記の墓所には墓はありませんが、
桜山神社には墓碑が建てられています。

後ろの墓は「迫田司馬源清明墓」となっており、
慶応2年に亡くなっております。
没年から幕長戦争で戦死したのかと思われるのですが、
普通に死去しただけかも?まだ調べられていません。

■関連記事■
下関市富任町 鳥山重信の墓所
 報国隊軍監鳥山重信の墓。
下関市南部町 専念寺 福原和勝の墓所
 報国隊の初代軍監福原和勝の墓。
下関市長府 功山寺~安岡の独眼竜下村文次郎の墓所
 吾妻隊及び報国隊六番小隊司令下村紋次郎の墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。