下関市富任町 鳥山重信の墓所

地元の人しか知らない抜け道はどこにでもあるもんで、
僕も会社から取引先に向かうのに近道となる抜け道を、
少なからず知っています。

その中のひとつの抜け道に、小さな墓地があったのですが、
そこに長府報国隊軍監を務めた人物の墓があることは、
つい最近知りました。

下関市富任町6丁目付近

鳥山重信は、長府藩士田原俊貞の長男として生まれ、
長府藩士で儒学者の臼杵駿平に漢学を学び、
後に臼杵家の養子になり臼杵哲平と称しました。
長府藩の有志らが報国隊を結成するとこれに参加。
佐幕的傾向が強かった藩是を尊皇攘夷に向かわせます。

長州本藩が開国に転じた事を知るとこれに反発して、
元凶は桂小五郎であると暗殺を計画。
しかし斬姦状の草案を作成中に計画が露見してしまい、
角島に流罪となります。

ほどなく島から戻されて臼杵家を去り、鳥山堅三と改名。
当分のあいだ謹慎状態が続きますが、
幕府との戦争が近づく慶応2年に許されました。

復帰後は地雷火を扱う機神隊に編入されますが、
それが不満だったようでに訴えて報国隊に復帰。
小倉戦争を戦っています。
慶応三年には、報国隊の軍監となって北越戦争に参加。
維新後は、三重県大書記内務省県治局次長を歴任し、
明治24年に退官。大正元年に死去しました。


古屋先生夫婦之墓」。
「古屋」は鳥山重信の雅号。
死去当時は富任町の別の場所に埋葬されていたようで、
立派な銘碑が建っていたらしい。
その後、この共同墓地に改葬される際に、
遺族が階級意識が濃厚だと非難されることを嫌い、
現在の普通の墓石に代えたようです。

■関連記事■
下関市福江 長府報国隊士迫田為太郎の墓
 報国隊の砲隊司令迫田為太郎の墓所。
下関市長府 功山寺~安岡の独眼竜下村文次郎の墓所
  報国隊六番小隊司令下村紋次郎の墓所。
下関市南部町 専念寺 福原和勝の墓所
 報国隊の初代軍監福原和勝の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。