下関市南部町 専念寺(福原和勝墓所)

長府報国隊の初代軍監福原和勝は、
攘夷戦、下関戦争、小倉戦争、北越戦争、
佐賀の乱、西南戦争に従軍した歴戦の軍人で、
陸軍教導団司令長官心得、初代清国公使館付武官なども歴任。
西南戦争では別働第3旅団参謀長として従軍しますが、
熊本県玉名郡立岩村で狙撃され負傷。
搬送先の久留米にて死去しました。

彼の墓が南部町の専念寺にあるということで行ってみました。


専念寺は亀山天皇の皇孫尊観親王の墓所でもあります。
本尊は国指定重要文化財の木造薬師如来立像です。


専念寺本堂」。
本堂は空襲により失われたあとに再建されています。
本堂のななめ後ろに納骨堂があり、
境内を見渡しても墓は見当たりません。
お寺の方に聞いてみると、裏手の山にあるとの事。
海が見える場所に埋めてほしい」との遺言だったそうです。


納骨堂の右側より裏手に進めます。
石垣を見るとなんと墓石が使われています。


尊観親王墓」。
先ほどの石垣の上には、尊観親王の墓所があります。
天皇家の墓所ということで、宮内庁の管轄地。
尊観親王は第90代亀山天皇の子常盤井宮恒明親王を父に持ち、
11歳で出家して時宗の総本山清浄光寺に入ります。
摂津、出羽、甲斐、相模等を巡り各地の住職を務めた後、
清浄光寺の12代上人となり、時宗中興の祖となりました。
どういう経緯で下関に来たのかわかりませんが、
享年52歳でここに眠っています。


・・で、福原和勝の墓所はまだまだ上のようです。
お寺の方曰く「家の庭」だということですが、
いまいちピンと来ないままとりあえず登ってみる。


故陸軍大佐従五位福原和勝君之墓」。
登りついた先にありました。
たしかに家の庭・・・。と、いうより玄関先じゃないですか。
とはいえ、どうも空き家の様。表札からしても血縁でもなさそう。
どうしてこんな事になったのか?
玄関を出てすぐ墓ってすごいですね。
遺言の「海の見える場所」通り、当時は見晴らしが良く、
関門海峡が望めたこの場所が選ばれたのでしょう。

■関連記事■
下関市長府 豊功神社
 報国隊の顕彰碑があります。
下関市長府 忌宮神社・集童場場長室
 集童場出身者が報国隊に幹部となりました。
大分県宇佐市 佐田秀の歌碑と墓所
 報国隊は佐田秀の挙兵を暴挙として鎮圧。
下関市長府 旧桂弥一邸
 桂弥一は元長府報国隊士。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。