下関市長府 旧桂弥一邸

長府を流れる小さな川、壇具川のほとりに旧桂弥一邸があります。

桂弥一は長府藩士で、報国隊に入隊して北越戦争に小隊長として従軍。
その後、病気を患い軍人の道を諦めます。
健康を回復してからは、東京の農場試験場に勤め、牧畜の技術を習得。
長府に戻って自営牧場を営みながら、
乳牛の飼育や米の品種改良などの農業一般の向上に尽くした人物です。
この桂弥一は晩年、幕末維新の志士たちの顕彰事業を続け、
長門尊攘堂(現長府博物館)や、全国から石を集めた万骨塔などを建設しています。

特に功山寺境内にある万骨塔は、有名人のオンパレード!
幕末ファン必見の史跡です。


万骨塔」。
盛り上がった山に張り付いてるような石垣は、
一つ一つが全国の志士の誕生地終焉地墓地から集められた石。
あなたの好きな志士もきっといますよ。

さて、その桂弥一の旧邸は、現在カフェになっております。


壇具川の北側。一軒飛ばして少し高い位置にあるのが、
旧桂弥一邸」です。


茶屋 祥」として、骨董、古着物、古布を販売し、
お茶や食事もでき、和裁・洋裁のアトリエもあるようです。


中の様子。いろんなものが展示されています。
こういうの大好きな人にはパラダイスでしょうね。
・・・実は行った時は気がつかなかったんですが、
木戸孝允山縣有朋野村素介田中義一などの掛軸扁額が、
いたるところに無造作に掛けられています。


現在は季節柄、雛飾りがたくさん展示されていました。

奥には蔵があり、そこも展示スペースです。

蔵の中にも雛飾りが・・。季節ですからね~。
みよちゃんにもこんな大きな雛飾り買ってあげたいところですが、
親の収入が・・・・・(泣)。

なかなか面白い空間でした。
コーヒーや抹茶、紅茶のお菓子付きで500円とリーズナブル。
なんでも日曜日にはお餅もついてるそうです。
是非とも長府にお立ち寄りの際には、
足を運んでみてください。

また違う時期に行ってみようかな。

■関連記事■
桂弥一の墓はどこ??
 ネットでは功山寺となっていますが・・・。
下関市長府 豊功神社
  桂弥一の所属していた長府報国隊の碑。
長府おさげものひなまつり
 弥一邸と同じくひなまつりの飾りつけをしています。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。