桂弥一の墓はどこ??

功山寺の隣にある長門尊攘堂万骨塔を建立して、
幕末の志士達の顕彰事業を行った桂弥一

特に万骨塔は、志士達のゆかりの地の石を貰いうけ、
一箇所に集めた壮大なものです。


萬骨塔」。

そんな桂弥一ですが、自身の墓所ってどこなの??
色々と探してみましたが、どこにあるのかわからない。

ネットには「功山寺に葬られた」と書かれたいますが、
何度も功山寺墓地に行っているのに、そんな墓は見た事無い。
ネットの情報は当てになりませんねぇ。

で、下関市立歴史博物館に問い合わせてみました。
すると回答が・・・・

桂弥一は昭和14年に亡くなった際、
 功山寺に墓が建てられましたが、
 その後東京に移されたため、

 現在功山寺にはないとのことです。
 移された時期は昭和40~50年代前半頃と思われますが、
 記録した資料が現在見つからないためはっきりしません。

とのこと。

なるほど。
功山寺に葬られた」というのは間違いないですね。
東京に移されたということは、
親族の東京移住に伴って移されたのでしょう。
桂弥一の墓は東京にある・・・・。

で、どこなんでしょうね。
青山霊園か?谷中霊園か?
桂弥一の子孫は今もいらっしゃるのでしょうか?
誰か知ってる方は教えて下さい!

■関連記事■
下関市長府 旧桂弥一邸
 桂弥一邸はカフェになっています。
下関市長府 忌宮神社・集童場場長室
 桂弥一は集堂場の出身。
下関市長府 紅葉の功山寺と下関市立歴史博物館
 長府博物館は尊攘堂から移転しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。