下関市長府 功山寺(安岡の独眼竜下村文次郎墓所)

功山寺の墓地には、
坂本龍馬と共に寺田屋事件に遭遇した三吉慎蔵や、
泉十郎豊永長吉印藤聿)、
三吉周亮などの墓があることが知られますが、
もっとたくさんの幕末の人物の墓があったりします。

有名どころ以外は案内板も無く、
無縁となったりしてるものは、
整備されることもなく草に覆われていたり・・。
墓地内を歩き、突状方柱型の墓石を見つけ、
その没年が慶応だったり明治初期だったりしたら、
資料で調べてみると意外な人物の墓だったりします。

まあそんな感じで、
功山寺墓地のあまり知られていない墓を探してみます。

豊永長吉(印藤聿)の墓所の手前に、
長府報国隊六番小隊司令の墓があります。


下邨文次郎墓」。
「邨」は村の旧字体(ソン・むら)です。

下村文次郎は長府藩医上里幽斎の長男として生まれますが、
長府藩士下村重次郎の養子となって下村家を継ぎました。
藩校敬業館で文武を学び、特に武道に秀でます。
藩の砲術指南役河崎董(記事はこちら)に師事し、
西洋砲術を学んで藩の兵制改革にも強く関心を持ちました。

ある日、小銃の射撃訓練中に銃の雷管が暴発し、
左目を失明してしまいますが、それでも修練を続け、
安岡の独眼竜」とあだ名されるようになります。
また地元の安岡で農商の子弟達に銃砲の技を教え、
民兵「吾住隊」を組織。下関の攘夷戦に出陣し、
民兵ながら十分に訓練された吾住隊は、
藩内で注目されることとなりました。

幕長戦争がはじまると、吾住隊は長府報国隊の傘下に入り、
六番小隊となって隊長の下村はそのまま小隊司令に就任。
小倉戦争の初戦である田ノ浦上陸戦で、
第一陣として突入し大いに活躍しました。

続く大里の戦い
逃げていく敵兵を追いかけた六番小隊は、
小倉藩二番手渋田見舎人の軍勢と乱戦になります。
どこからか飛んできた流れ弾が下村の胸を貫き、
「無念」と一声発してその場に倒れます。
これを見た半隊司令徳永権次郎(記事はこちら)は、
すばやく下村の首を斬り落とし、
小脇に首を抱えて指揮を引き継ぎました。
・・・が、ほどなく徳永も銃弾に倒れてしまいます。
しかし、下村が訓練した小隊は崩れる事を知らず、
一番、三番小隊が駆け付けた事もあって、
小倉勢は四散して勝利しました。

遺骸は持ち帰られ、桜山招魂場に埋められたという。
この墓石は遺族によって安岡に建てられていたもので、
後年、功山寺に移されたとのことです。

■関連記事■
下関市安岡 乗蓮寺~報国隊士の墓
 下村の首級を斬り落とした半隊司令徳永権次郎の墓など。
下関市富任町 鳥山重信の墓所
 報国隊軍監鳥山重信の墓。
下関市南部町 専念寺 福原和勝の墓所
 報国隊の初代軍監福原和勝の墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。