2018年の大河は西郷隆盛!

2018年の大河ドラマは、
西郷隆盛が主人公の「西郷どん」に決まったようです。

花燃ゆ」以来2年ぶりの幕末モノになるわけですが、
史上最悪の大河ドラマ「花燃ゆ」の反省が生かされているのか?
これが気になるところですね。

「花燃ゆ」の問題点として、
原作無し脚本がダメって言い続けてきましたが、
今回は原作があるそうな・・・。
なになに『本の旅人』(KADOKAWA)で連載中?
じゃあ原作がまだ完結してないってこと?
まあ原作無しで暴走するよりマシだが、
その原作が優れているかどうかは、
まだわからないということか。

この原作は林真理子だそうです。
え?林真理子って不倫とかダイエットとが、
そんな作品書いてる人でしょ?
調べたら「正妻 慶喜と美賀子」を書いているらしい。
読んだ事ないけど不安だな・・・。

脚本も中園ミホという女性。
花子とアン」「Doctor X外科医~大門未知子~
を手がけた人だそうです。

林×中園の女性2人で「女の視点で切り込みます」って、
不安だなぁ・・・・。

てか、無理やり女性を起用してる気がするのは気のせい?
女性でもいいけど、歴史を知ってる人にして欲しい。
この二人がどれだけ幕末史を知ってるかは、
過去の作品からではわかりませんが、
一夜漬けで勉強できる内容ではないことは、
「花燃ゆ」で証明済なので・・・。

林真理子「脇は甘く、愚直でうかつ。けれど、
彼に出会ったものは皆、隆盛が好きになり、
愛嬌あふれる男の周りには、
いつも“笑いと愛と波乱”が満ちている。
極貧の家に育ったがゆえ「
すべての民が幸せに暮らしてこそ
日本国は強くなる
」と信じ、人を愛し、故郷を愛し、
国を愛し、民を愛し、“見返りを求めない愛”を与え続けた。
そんな彼のことを、人は親しみを込めて

西郷どんセゴドン)」と呼んだ。

中園ミホ 「西郷隆盛という人物は謎に満ちています。
決して聖人君子ではない。太った愚鈍な男でもない。
戦の天才で革命家。一つ確かなのは、
男にも女にも大層モテたということ。
子どもも学者も侍も殿様も彼と触れ合い、
語り合った者は皆、西郷に惚れた。一体どんな魅力だったのか!?

上記が2人の西郷評ですが、
これでは学研まんがレベルの西郷隆盛・・・。
西郷のダークな部分は描かれそうに無い。
「花燃ゆ」の小田村伊之助のような、
スーパーヒーローになりそう。

主演は堤真一にオファーを出したが断られたらしい。
理由はわかりませんが、
スーパーヒーローにさせられるのを避けたのか?
大沢たかおが「花燃ゆ」以来、露出が減ったのは気のせい?
まず、西郷と似ても似つかぬ堤真一を主演にしようとしたのが、
なにかやらかす気満々って事ではないでしょうか?

まあ、現状は発表されている事が限られていますので、
どんな作品になるかわかりませんが、
今のところ不安だらけですねぇ。

■関連記事■
西郷どんとドクターX
 水戸黄門ならば成功するかもです。
再来年の大河・・・。
 2年連続の戦国大河の発表。「花燃ゆ」の後の事。
2021年の大河は渋沢栄一ですが・・
 どう考えても大河には向いていない人物だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。