西郷どんとドクターX

2018年の大河ドラマは「西郷どん」。
脚本は「ドクターX」が好調の中園ミホ

ドクターXは僕の嫁さんが観ているので、
毎度欠かさず観て(観さされて)ます。
フリーランスの女性外科医大門未知子が、
難病の手術をするって話なんですが、
いたしません」「私失敗しないので」等の名台詞を発し、
難病患者に対し他の医者が手術に取り掛かるが、
手が尽くせずどうしょうも無くなったところに颯爽と登場し、
手術を成功させるといったもの。

・・まあね。これ、人気がある理由はわかります。
水戸黄門」「遠山の金さん」「銭形平治」等の、
お決まりの時代劇と変わりませんから。
これが安心感というべきでしょうか?
ピンチにきっちり登場する完全無欠のヒーローもの
舞台が江戸時代から現代の大学病院に変わっただけですね。

これはこれで良いと思うのですが、
このノリで大河の脚本を書かれるとマズい。
申し訳ありませんがあえて言わせてもらいますと、
主人公の大門未知子以外、キャラが立っていません
院長副院長院長秘書ライバルドクターなどなど、
すばらしい名優が出演しておりますが、
ほとんどモブ状態です。
あえていうなら少しキャラ立ちしてるのは岸部一徳くらい?

いいんですよ。
「ドクターX」はそういうヒーローものだから。

でもね。大河はそれじゃぁダメですね。
「ドクターX」のノリで行くと、
大久保も、桐野も、その他薩摩藩士も全部モブ。
楫取素彦一人をヒーローにして、
その他をモブにした「花燃ゆ」の悲劇が再び・・。

さて、どうなることやら・・・・。

■関連記事■
西郷どん 総評
 全47回の総評。
「正妻 慶喜と美賀子」林真理子
 原作者林真理子の歴史小説。
「黍の花ゆれる」植松三十理
  愛加那が主人公の小説で、全編が奄美大島でのお話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。