「黍の花ゆれる」植松三十理

大河ドラマ「西郷どん」が現在奄美編ということで、
出張の移動時間中に、タイムリーな小説を読みました。

植松三十里著「黍の花ゆれる」という小説は、
愛加那が主人公の話で、全編が奄美大島でのお話。
内容はそれこそ「西郷どん」の18回からと同様で、
西郷が奄美に流されたところより始まります。

島妻となり子供を設け、西郷との別れと再開。
子供の成長と西郷の風のうわさ。
子供の将来を願った行動と、その裏腹な結末

この本では、もちろん背景を説明するために、
幕末の出来事解説しているのですが、
最小限度に止め、オブラートに包んでいるようです。
幕末など、まさに遠国の出来事といった感じか良い。

文章に砂糖黍の花がゆれるといった表現は無いのですが、
読んでいるとそういう風なイメージが広がります。
これは南の島の話で、(良い意味で)幕末モノではない。
なんだかそんな感じがしました。

■関連記事■
「消された「西郷写真」の謎」斎藤充功
 西郷写真を法人類学的に分析。
「犬たちの明治維新 ポチの誕生」仁科邦男
 西郷の愛犬はツンだけではありません。
晋作と西郷は会っていたのか?
 面識が無かったとされる二人。実は会っていたかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。