「犬たちの明治維新 ポチの誕生」仁科邦男

ちょっと視点を変えた本を読んでみる。幕末・明治の犬に目を向けた本。
犬たちの明治維新 ポチの誕生」です。

青い目の白人を見て、畏怖を感じたのは、日本人だけではありませんでした。
日本の犬は外国人を見ると吼えたようで、駐日外国人は犬を厄介に思っていたようです。

当時の日本には町犬村犬がたくさん居ました。町犬(村犬)というのは野良犬とは違い、
その町などに居ついている犬で、誰の飼い犬というわけではないが、
その界隈の住人から餌をもらって生活している犬のことらしい。

当時の犬はあまり見かけぬ人間に吼えたりして、番犬の役割もしましたが、
とくに外国人には例外なく吠えていたようです。

町犬を厄介に感じていた外国人達ですが、日本固有の「」(チン)という小犬をとても好み、
マシュー・ペリーも「狆」をアメリカまで連れ帰り自宅で飼っていました。
その他、ハリス外国人居留地の人々も「狆」を飼い、
ちょっとした「日本犬ブーム」で、欧米に連れ帰る人も多かったようです。
しかし「狆」は体が弱く、長い航海に耐えられず、死んでしまうケースが多かったらしい。

西郷隆盛の犬に関する話では、新政府を下野して鹿児島に戻った西郷と犬の話が面白い。
西郷の犬好きは周知の事実ですが、その様子は犬キチと呼んでいいほど。
鰻屋に犬と来て、鰻丼を注文。鰻を犬に食わせて自分は食べられなくなる事もあったとか。

西郷を目撃した人のほとんどが、犬連れの西郷の姿。
というより、犬連れということで西郷とわかるほど。

西南戦争にも犬連れで参戦し、転戦の合間に犬を連れて「兎狩り」していたようです。
上野の西郷像も犬を連れていますが、この犬は通説では「愛犬ツン」とされていますが、
それは誤り。西郷は4~5匹の犬を飼っていましたが、ツンはその中の1匹というだけで、
西郷像の犬の原型を彫った後藤貞行は、
元薩摩藩士仁礼景範の飼っている薩摩犬をモデルにしたそうです。
この犬の像が薩摩犬の特徴をよく掴んでおり、
西郷に犬を譲った人達が「自分が譲った犬がモデルだ」と思った。
ツンを譲った人もその一人でした。

最後に犬の名前の代名詞「ポチ」の由来が書かれていましたが、
さすが犬研究家の書かれた本。なるほど納得できる内容でした。

■関連記事■
「十二歳の戊辰戦争」林洋海
 戊辰戦争に従軍した少年たちに焦点を当てています。
晋作が犬を斬ったという話
 この話の出どころは・・・。
福井県小浜市 小浜城跡
 足の速い中間は白狐。小田原で犬にかみ殺されたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。