「十二歳の戊辰戦争」林洋海

久々に図書館へ行きました。
今回借りたのは、「十二歳の戊辰戦争」という本。
戊辰戦争11~17歳で従軍した数々の少年達のお話です。

戊辰戦争に従軍した少年達で有名なのは、やはり白虎士中二番隊ですね。
飯森山で若くして自刃したその壮絶な逸話は、何度もドラマ化されたりしてます。

しかし戊辰戦争に従軍した少年達は、彼らだけではないのです。
二本松藩では戦闘が刀や槍の時代から、銃に移ったこと思い知ったのは、
西軍(新政府軍)が城下に迫ってからでした。
木村銃太郎門下の洋式銃術を訓練された少年達に白羽の矢が立ち、
大群の西軍相手に善戦しますが、隊長以下半数が戦死するという悲劇を生みます。

新選組にも10~16歳の少年隊士がおり、近藤・土方の小姓として仕えていましたが、
鳥羽伏見の戦いの後も新選組に従い各地を転戦。箱館戦争にも参加しました。
戦後、当時14歳の市村鉄之助や16歳の沢忠助は、
土方の遺品を日野の佐野家に届けています。

長州藩にも少年兵はいました。岡卯三郎という12歳の少年は、
干城隊の鼓笛手として幕長戦争、北越戦争に従軍。
長岡での激戦にも参戦しており、出征と帰還の度に母を泣かせています。

各戦線にも同様に少年達が参戦しています。
少年達の多くは「政治の事はわからないが、敵が攻めてくるというので、
従軍を願い許された
」と語り、意気揚々と従軍します。
出征時も、まるで遠足にでも出かけるようです。
母ら家族も「いってらっしゃい」と笑って見送りました。
古来、初陣は戦場の空気に触れさせる為のもの。
体の小さな少年達が最前線で戦うことはほとんどありません。

しかし、最新の兵器と戦術と大群で攻めてくる西軍に対し、
味方はどんどんやられて、少年達が最前線で戦うことになりました。
血気盛んであるがゆえに、死へと進んでいく・・。
また、初戦では怖気づいて何もできなかった少年達が、
幾度の戦闘で多くの隊士の戦死を乗り越え、
大人の隊が一目置くほどの戦士となった隊もありました。

封建社会では、少年達にも身分制度がつきまといます。
上級藩士の子弟は安全な場所で、下級藩士や足軽の子弟は、
早くから最前線へ送られています。
この身分制度が、西国諸藩に遅れをとり数々の悲劇を生みます。
一昨年の大河ドラマ「八重の桜」では、
什の掟」が会津藩の基本的な精神であると語られますが、
上級の子弟にはこの「什の掟」よりも身分制度が優先され、
年長者の言うことを聞かず、卑怯な振る舞いをし、
ならぬものをなそうとします。
この身勝手が、戦闘において最も重要な「命令」を破るという行為に発展し、
悲劇を生みました。

さて、本書は数々の少年たちのエピソードが記載されていますが、
最後に紹介されたのは、16歳で日本を手にした少年の話。
広いとはいえ、門塀は崩れ落ち、手入れが行き届かず荒れ果てた庭を、
裸足で走り回っていた少年が、江戸城の広さと豪華さに驚いたという話を、
三条実美は何度も語って涙ぐんだそうです。

■関連記事■
「二本松少年隊物語 霞の天地」東雲さくら×まきお
 少年達の悲劇が描かれた漫画。お勧めです。
福島県二本松市 霞ヶ城跡
 二本松戦争はもう少し知られても良いと思う。
福岡県京都郡 甲塚墓地(萱野権兵衛の次男郡長正の墓)
 元会津藩家老の息子は、遥か九州の地で謎の自刃を遂げています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。