「正妻 慶喜と美賀子」林真理子

再来年の大河ドラマが「西郷どん」ということで、
原作者林真理子の歴史認識がどんなものかと読んでみました。


不倫だのダイエットだのを書いてる作家のイメージでしたが、
そういう作家が西郷隆盛を書くの?と不思議でしたが、
どうも一度幕末の事を書いているらしいので、
調べてみるとこの作品でした。

今出川家延姫が、一条家の娘が疱瘡に掛かってしまったため、
一条家の養女となって一橋慶喜の妻となったというお話。

意外とちゃんと歴史を調べてるなあという気はしましたが、
なんとなく違和感。何故かなって考えたら答えが出ました。
この「正妻 慶喜と美賀子」の世界では、
どうもTVでニュースを放送をしてるようです。

どういうことかと言うと、
主人公の美賀子お芳以外ものすごく情報通で、
当時の情勢をなんでも知ってるように批判や思いを語る。
まさに毎日TVでニュースを見るかの様になんでも知ってる。
この人達はどうしてそこまで知ってるの?
・・・のわりに美賀子とお芳は周りの博学に比べ、
白痴の様に何も知らない。
このギャップが違和感の原因なのでしょう。

いや、たしかに読み手にはわかり易いと思います。
作者の親切心かもしれません。
けれどそこまで庶民が知ってるなら、
違う歴史になっていたんじゃないかな?と思うほど。

たぶんここが「西郷どん」のポイントになるのでは?
登場人物の皆が情勢を正確に理解する不思議なドラマになる??
そんな不安が生まれました。

■関連記事■
西郷どん 総評
 全47回の総評。
西郷どんとドクターX
  脚本は「ドクターX」が好調の中園ミホ 。
「黍の花ゆれる」植松三十理
  愛加那が主人公の小説で、全編が奄美大島でのお話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。