島根県松江市 松江城下町を歩く・・・

仕事で松江に行きました。

松江は、島根県の県庁所在地で、
宍道湖の東に位置する城下町です。
実は毎年のように松江に来るんですが、
仕事が朝早く夜遅いので、散策する暇がありません。
今回は、ちょっと違う仕事で来ましたので、
ほんの少し時間がありました。
とりあえず宿で自転車を借りて、
日本に12ヶ所しかない現存天守を持つ松江城へ。


松江はお堀や川がいたるところに伸びる水の都です。
遊覧船がなんとも風情があります。乗ってみたい・・。


あちこちに古めかしい橋が架かっています。


見えてきました。
あれが江戸時代初期のまま残る天守です。


自転車をおいて城へ。大きな城です。
僕の登った城の中では大阪城の次に広いかな?


これが現存天守です。
微妙な所から撮影したのは、中に入らなかったから。
時間が時間だったんで、
天守の中に入って色々みることはできませんでした。
そういえは、天守入るのってどこもお金要りますよねぇ。
まあ、保存にお金かかるでしょうから仕方ないのかな?

写真はあんまり雰囲気でなかったですが、
古い町並みと現代の家が上手く融合できていて、
これぞ生きた城下町!って感じです。
・・というか、ここに引っ越したいくらい。
町の整備が行き届いていて、公共施設もきれい。
田舎でもない、都会でもない素敵な町です。
あ、それと温泉も豊富です。
泊まった宿では蛇口から温泉(!)が出てました。

【松江藩】
藩庁:松江城
藩主家:直政流越前松平宗家
分類:18万6000石、親藩大名(国持)

■関連記事■
島根県松江市 月照寺(松江松平家墓所)
 松江藩松平家の墓所。
浜田城自焼後の浜田藩③
 城を自焼させた浜田藩藩主および将兵は、松江藩を頼りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。