島根県松江市 月照寺(松江松平家墓所)

松江藩は出雲国、隠岐国を領有した藩で、
堀尾忠氏関ヶ原前哨戦の功績を挙げ、
浜松12万石から出雲24万石に加増転封され、
松江に藩庁を置いた事により始まります。
しかし堀尾家は次代の堀尾忠晴で無嗣改易。
代わって京極忠高が入封してきますが、
こちらも無嗣改易となってしまい、
※後に甥の京極高知が龍野6万石で再興。
代わって結城秀康の三男松平直政が、
18万6千石で信濃松本藩から転封しました。
以後、幕末まで松江松平家が治めます。

松江藩は早くから専売制を敷いて、
木蝋朝鮮人参木綿の生産を統制しましたが、
財政は当初から苦しい状況が続き、
歴代藩主が試行錯誤を繰り返してきました。
7代藩主松平治郷の時代にやっと財政は好転し、
8万両の蓄財をするまでになります。
ですが治郷は趣味の茶器収集に没頭して、
再び財政難にあえぐ結果になりました。

9代松平斉貴は苦しい財政にも関わらず、
幕府に対して12万両の献金を行い、
相撲や鷹狩に勤しんで財政をさらに悪化させ、
弘化3年の孝明天皇即位の大礼では、
将軍名代として江戸から京都まで上洛しており、
盛大な行列を引き連れたという。
その行列の壮大な様子は、
雲州公御上京御行列」絵巻等で確認できます。
挙句斉貴は家臣から主君押込される事となり、
強制的に隠居させられました。

10代松平定安は津山藩主松平斉孝の七男で、
斉貴の強制隠居により迎えられます。
藩主就任後は藩政改革に着手し、
特に兵制改革では最新鋭の装備や戦術を備え、
米国からも軍艦を購入。
松江藩が石州戦争に積極的であったなら、
長州藩も苦戦を強いられたかもしれません。

さて、松江松平家墓所は市内月照寺にあります。

月照寺」。
藩祖直政が生母月照院の霊牌を安置する為、
荒廃していた洞雲寺を復興し、
月照寺として復興させた寺院。
以後は藩主菩提寺として藩の庇護を受け、
初代より9代の歴代藩主の墓所となりました。


雷電為右衛門之碑」。
境内に入ってすぐにある石碑。
雷電為右衛門大相撲史上最強の力士
勝率は9割6分であったという。
この雷電は松江藩のお抱え力士だったようで、
石碑には雷電の手形も写されています。


初代藩主松平直政の墓」。
大阪夏の陣で華々しい戦功を挙げ、
家康に打飼袋を与えられています。
敵将真田信繁もその勇敢さを称え、
自らの軍扇を投げ渡したという。


七代藩主松平治郷の墓」。
7代松平治郷は茶人として知られ、
茶道の一派不昧流の始祖でもあります。
雷電為右衛門が活躍したのは彼の治世。


寿蔵碑」。
六代松平宗衍の墓廟内にある墓前碑。
巨大な石碑を石亀が乗せている意匠で、
月照寺はこの寿蔵碑で知られます。
撰文は千社札の考案者でもある萩野鳩谷で、
この碑文を書き終えた頃からおかしくなって、
自ら天狗と称して奇行を繰り返しました。
また、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は、
知られざる日本の面影」で、
この碑の石亀が夜な夜な動き出して、
松江城下を徘徊して暴れまわり、
母岩恋し、久多見恋し」と、
泣き叫んだと紹介しています。
この寿蔵碑に使われた石は久多見石で、
神が宿る神石として祀られた大岩を、
宗衍が碑石の為にに切り出したものだという。
それで切り出された方の石は、
元の岩(母岩)が恋しいと祟ったとされます。


九代松平斉貴の墓」。
孝明天皇即位の大礼で、
将軍名代を努めた九代藩主松平斉貴
松江藩主は代々道楽者が多く、
この斉貴も財政難に関わらず道楽三昧でした。
肖像画にも鷹が描かれるほど鷹狩に勤しみ、
その散財に業を煮やした家臣ら一同に、
強制隠居させられてしまいます。

最後の藩主松平定安は津山藩より迎えられ、
道楽者の多い歴代と違って藩政改革を推進。
文武を奨励し洋式兵制もいち早く取り入れ、
さらに女学校まで造っています。

小泉八雲がこよなく愛したとされる月照寺。
あじさいの季節にはもっと美しいのでしょうが、
冬でも静寂な雰囲気が心地よい場所でした。

■関連記事■
島根県松江市 松江城
 松江は雰囲気の良い城下町です。
浜田城自焼後の浜田藩③
 浜田藩は松江藩を頼りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。