浜田城自焼後の浜田藩③

つづき。
//③/


浜田藩の退路。

浜田城から脱出した藩主松平武聴は、
7月18日に江津の和木浦にて、
松江藩籍の蒸気船「第二八雲丸」に乗り込み、
寿子夫人と世子熊若丸(2歳)と松江を目指します。

出雲大社西側の杵築に上陸し、7月22日まで滞在。
7月23日に松江に向かって陸路で出発し、
7月24日に松江に到着しました。

一方、藩兵らは一部海路を利用する者もいたが、
大半は陸路で杵築へ向かい、7月24日に到着。
そのまま滞在して、8月4日に松江に向かいます。

松江藩家老三谷権太夫の下屋敷を借りて本陣とし、
藩士らは松江城下の洞光寺徳泉寺円城寺善光寺
極楽寺別願寺善覚寺の七ヶ所に宿陣。
藩士家族らは、美作の飛地へ向かいました。

武聴の実兄である鳥取藩主池田慶徳の進言により、
寿子夫人と世子熊若丸は鳥取へ向かい、
鳥取藩の庇護を受けます。

幕府から金千両、米千俵が下賜され、
それを家臣達に分配。
12月29日には、蔵米2万表も追加で支給され、
藩士らは失地回復の為、武器の購入、訓練に励みます。

しかし、将軍徳川家茂の死去、公明天皇の崩御が重なり、
征長停止が布告され、喪に服せよとの達しがあり、
浜田を奪還する道は完全に閉ざされました。

幕府からは自領へ移る事を指示され、
仕方なく美作の飛地へ向かうことになり、
3月20日より藩士の移動が始まり、
藩主武聴も3月22日に松江を出立します。
3月26日には大庄屋福山元太郎邸に入り、
ここを本陣としました。
夫人や世子も6月9日に美作に移っています。

藩名を鶴田藩と改め、藩士全てが農家に下宿という中、
鶴田藩が立藩されることとなりました。

つづく。

//③/

■関連記事■
大島戦争(大島口の戦い)①//
  幕長戦争で長州藩領を侵略された唯一の戦い。
白石正一郎のお伊勢参り①/////////
 一生に一度のお伊勢参り。
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 士籍を剥奪された吉田松陰の江戸遊学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。