浜田城自焼後の浜田藩①

①///

石州戦争において浜田城を自焼させた浜田藩
その後の逃避行新天地での立藩について。

大村益次郎の指揮する長州藩は、
破竹の勢いを持って浜田藩領を進み、
浜田城下にほど近くまで侵攻。
これに浜田藩を含む幕府軍(福山藩、紀州藩等)は、
浜田城下まで総退却しました。

慶応2年7月15日。
浜田藩より折居の長州軍陣地へ、
止戦の応接を求める書面が届きます。

7月16日。
長州軍はこれを了承し、応接場所を知らせるように返答。
浜田藩は浜田城と折居の中間に位置する周布村を希望し、
長州軍もこれを了承しました。
午後7時より交渉を開始されて、
詳細は家老が出席して交渉する事と決定。

7月17日。
浜田藩中老久松覚右衛門と、長州軍参謀杉孫七郎が会談。
長州軍より城下の諸藩兵の退去と、
浜田藩の趣意書提出の要求が出され、
久松は城へ要求を持ち帰って軍議が行われます。
軍議では要求を飲んで停戦か、それとも抗戦かの議論で割れ、
結果的に藩主松平武聴を浜田城から退去させ、
徹底抗戦することになりました。
夜半、密かに武聴や世子、夫人らが脱出。
※長州側の要求は、それほど酷ではないような気がしますが、
 浜田藩側の資料では「要求が厳しく不調」となっています。
 これは資料に残されていない酷な要求があったのか?
 または趣意書提出を屈辱と感じたのか?
 はたまた諸藩兵の撤退ということが無理難題だったのか?
 真相はわかりませんが、とにかく交渉は打ち切られています。


7月18日。
城下の藩士や諸藩兵に藩主の脱出か知れ渡りました。
諸藩兵と浜田藩士らが議論した結果、
城を自焼させて一旦退いて再起を期すことに決定。
午後4時、浜田城から火が上がり、幕府軍は浜田から退去し、
武聴を追って松江に移動します。
※藩士らは退去後、陸路や船で唐鐘浦に集結し、
 陸路で松江へ向かったようです。
 城の方角からは火の手が見えたでしょうから、
 藩士らは悔し涙に暮れたことでしょう。


浜田城の炎上は、郭内の武家屋敷まで燃やし、
そのほとんどが灰燼と化しました。
他の諸藩兵は、それぞれ退却しましたが、
城を自焼する羽目になった浜田藩士達は、
撤退ではない。一時、態勢を整えるために
 後ずさりしているだけだ」と、
涙を飲んで心に言い聞かせたとされています。

つづく。

①///

■関連記事■
大島戦争(大島口の戦い)①//
  幕長戦争で長州藩領を侵略された唯一の戦い。
白石正一郎のお伊勢参り①/////////
 一生に一度のお伊勢参り。
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 士籍を剥奪された吉田松陰の江戸遊学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。