浜田城自焼後の浜田藩④

ラスト
///④

鶴田藩として再出発した浜田藩でしたが、
実際の美作の領地は8千石余り。
藩士約4千人を養うには到底不可能でした。

重臣らは鳥取藩岡山藩の藩主の尽力で、
幕府に元の石高(6万1千石)に戻して貰うように試みます。
※幕府の命令で戦争し、幕府の命令で戦争を辞めた訳で、
 加増してもらっても良い位ですね。

とりあえず幕府は御蔵米7千石を支給し、
鶴田藩領に隣接する龍野藩預かりの幕府直轄地を、
与えられる手筈となりました。

ところが、これらの直轄地の庄屋達は、
6万石の浜田藩の台所を担うことはできないと反発。
同様に寺社年寄も、鶴田藩編入に猛烈に反対します。
彼らは嘆願書江戸京都備前藩津山藩などに送り、
結局、編入は中止されることとなりました。

一方、鳥羽伏見の戦いが勃発。
幕軍として佐野鎮太郎伊藤梓ら53名の藩士が参加。
5名が戦死、3名が負傷しました。
鶴田藩兵が幕府軍として参加した事により、
鶴田藩は朝敵となります。

この事態に城代家老尾関隼人が謝罪切腹。
新政府はその代償として2万7千石を与え、
石高は3万6千石となって、
ようやく正式な藩として成り立てるようになりました。

その後の明治2年。
藩籍奉還と共に2万4千石の加増があり、
石州戦争以前の石高に回復しています。

///④

■関連記事■
大島戦争(大島口の戦い)①//
  幕長戦争で長州藩領を侵略された唯一の戦い。
白石正一郎のお伊勢参り①/////////
 一生に一度のお伊勢参り。
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 士籍を剥奪された吉田松陰の江戸遊学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。