浜田城自焼後の浜田藩②

つづき。
/②//

7月19日。
長州総軍が浜田城下に入る。
城下で浜田藩の退去に伴って貧困層による略奪が起こり、
混乱を極めていました。

7月20日。
浜田藩に隣接する大森銀山(石見銀山)では、
代官の鍋田三郎衛門倉敷へ逃亡し、
周辺の政治権力が空白化してしまいます。

商人達の米の買い占めによる物価高騰がおこり、
石見地方では一揆が多発しました。


石見国の一揆状況。

長州軍は大森銀山に出張。
大村益次郎が一揆の鎮静を図ります。
一揆の原因である米問題に着手し、
百文につき米2合5勺」で売買するように沙汰し、
代官所が残した備蓄米を村々に分配。

容易に鎮静しない一揆には武力を用いました。
一揆の基本方針として「願いがあれば穏便に嘆願し、
徒党を組むようであれば兵馬を差し向ける
」としています。

米価に関しては価格を定めたところ、
品不足になってしまったので、沙汰を取りやめて、
商人達に実直な売買をするように指示しました。

年貢は従来と同様を基本とするが、
従来が過酷であったならは改善すべきとしました。
大村は戦後民政の重要性を理解していたようです。

浜田藩の消えた浜田藩領では、
このような占領政策が行われました。
次回は城を追われた浜田藩兵の動きについて。

つづく。

/②//

■関連記事■
大島戦争(大島口の戦い)①//
  幕長戦争で長州藩領を侵略された唯一の戦い。
白石正一郎のお伊勢参り①/////////
 一生に一度のお伊勢参り。
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 士籍を剥奪された吉田松陰の江戸遊学。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。