高須四兄弟 徳川慶勝

左から、
八男松平定敬、七男松平容保
五男徳川茂栄、次男徳川慶勝
尾張藩の支藩高須藩10代松平義建の子供らで、
晩年まで生き、重要な藩の藩主であった4人を、
高須四兄弟」と呼ばれました。
松平義建の子供は10人いるのですが、
他の兄弟は早くに死去しています。

この4人は波乱の人生を送りました。

まずは長兄(正式には次男)の徳川慶勝


高須藩の本藩である尾張藩は、
4代続いて将軍家周辺からの養子が続きました。
第10代藩主 徳川斉朝
  一橋家世子徳川治国の長男
第11代藩主 徳川斉温
  11代将軍徳川家斉の十九男
第12代藩主 徳川斉荘
  11代将軍徳川家斉の十二男
第13代藩主 徳川慶臧
  田安家徳川斉匡の十男
通常ならば跡継がいない場合は、
支藩の高須藩より藩主を擁立すべきです。
しかし幕府の意向により、
宗家に近い筋からの押しつけ養子を、
仕方なく藩主としてきました。
こういう状態なんで藩士らは不満たらたら。
13代藩主徳川慶臧が死去すると、
幕府は田安家の養子を押し付けようとしますが、
そろそろ藩士らの不穏な空気を感じたのか、
高須藩から慶勝(当時は松平義恕)を、
藩主として就任させます。
※12、13代の時も慶勝は藩主候補。

慶勝は尊皇攘夷派で大老の井伊直弼と対立し、
安政の大獄で隠居させられてしまいます。
後継は弟の徳川茂徳が就任。
その茂徳が隠居して実子徳川義宜が跡を継ぐと、
後見として表舞台に復帰して、
再び尾張藩の実権を握りました。
第一次長州征伐では征討軍総督に任命され、
寛大な処置を持って戦火を交えず凱旋。
第二次長州征伐には反対し、
藩兵を率いて上洛して御所警衛を担当します。

大政奉還後は徳川宗家お構いなしに、
新政府の一員のような振る舞い、
慶喜への辞官納地催告も自ら行っています。
鳥羽伏見の戦いでの旧幕軍敗戦後は、
大坂城新政府を代表して受け取っています。

もう完全に勝ち馬に乗っています。
徳川宗家なんて知ったこっちゃありません。
今までの幕府の仕打ちが悪いのか、
始めからの尊皇攘夷の人だったのか・・・。
挙句の果てに自分の藩内の佐幕派を弾圧し、
藩内を血の海にしています。

こんなになりふりかまわずなのに、
維新後は政治に関われず。
これは宗家の呪いでしょうか?

弟達は徳川の為に戦いますが、
彼はどんな思いでそれを見ていたのでしょう?

■関連記事■
高須四兄弟 徳川茂栄
 高須四兄弟。尾張藩主、一橋家当主。
高須四兄弟 松平容保
 高須四兄弟。会津藩主。
高須四兄弟 松平定敬
 高須四兄弟。桑名藩主。
岐阜県海津市 高須陣屋跡
 高須藩の藩庁。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。