高須四兄弟 徳川茂栄

左から、
八男松平定敬、七男松平容保
五男徳川茂栄、次男徳川慶勝
高須藩10代松平義建の子供らで、
幕末期に重要な藩の藩主であった4人を、
高須四兄弟と呼ばれました。
松平義建の子供は10人いるのですが、
他の兄弟は早くに死去しており、
この4人は波乱の人生を送りました。

次は次兄(正式には五男)の徳川茂栄です。

4人の中では一番オトコマエです。
ですが周りに振り回されっぱなしの人。
父の隠居により高須藩主に就任し、
11代藩主松平義比を名乗りますが、
兄の慶勝が隠居処分となった為、
尾張藩主に就任し徳川茂徳を名乗ります。
後に慶勝の謹慎が解けると隠居。
慶勝の実子徳川義宜に家督を譲りました。

慶応2年には慶勝や弟の松平容保の斡旋で、
一橋家当主になり徳川茂栄に改称。
維新後は独立の大名になりますが、
版籍奉還で廃藩になります。

あっちこっち周りに振り回されっぱなし。
重要ポストに就いてはいるんですが、
大して何もしてない感じです。
他の3兄弟は自分の意思で、
波乱の人生を送っているようですが、
この人は勝手に波乱になった様子です。

■関連記事■
高須四兄弟 徳川慶勝
 高須四兄弟。尾張藩主
高須四兄弟 松平容保
 高須四兄弟。会津藩主。
高須四兄弟 松平定敬
 高須四兄弟。桑名藩主。
岐阜県海津市 高須陣屋跡
 高須藩の藩庁。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。