みよちゃんと笠山椿群生林

萩市笠山には約25000本のヤブツバキが自生。
開花時期にあわせて「椿まつり」が開催されたので、
みよちゃんを連れて行ってきました。


実際に椿は頭上に咲き誇っているのですが、
咲いている花は頭上だけになんら感動も無いのですが、
白い道上の落椿が、素晴らしい景観となっております。

ツバキの花は花弁が個々に散るのではなく、
花弁が基部でつながっていて萼を残して丸ごと落ちる
それが花の道を作り出しているわけです。

首が落ちる様子を連想させると、
忌み嫌われる場合もありますが、
こういう場合には、
道から花が生えているように見えてとても美しい。


みよちゃんと落椿。
和風のみよちゃんには、とてもお似合いなツバキ道
・・と親バカな事を久々に言ってみます。


枝の間にたまたま乗っかったのか?
それとも誰かが乗せたのか?
たまにこういう感じでツバキの花が、
感じよく枝の間に乗っています。


もちろんみよちゃんは「花よりだんご」ですけどね。

■関連記事■
萩市 笠山の椿
 初めて行った時は少し遅かったようです。
初詣のみよちゃん
 子供の着物って可愛いですよね。嫌がるけど。
みよちゃんの七五三
 3歳のみよちゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。