久坂玄瑞

久坂玄瑞って人は、結構知名度がありますが、
禁門の変で死んじゃって、
結局あんまり何にも成してないような気が・・。
松蔭門下で高杉晋作と共に双璧とされてたのですが、
どれだけの人なのか考えてみましょう。

まあ結論から言いますと、生前はかなり名の通った人だった様子。
長州で言えば、桂小五郎と同等に知名度があったようですね。
われらが晋作は知名度的にはも一つランク下がるようです。

その理由は、活動でしょうか?
他藩の志士達と積極的に交わったり、
朝廷にも太いパイプを持っていました。
また、桂と違ってイケイケで、
英国公使館焼き討ちにも参加してますし、
光明寺党を結成して外国船砲撃も行っております。

まあ、そんなわけで「長州の久坂」といえば、
有名だったらしいですが、もう一つ理由を挙げれば、
かなりの美丈夫だったそうですね。

身長、六尺(約180cm)、声が大きく美声で、
肖像画でもわかるように男前だったようです。
そんな久坂が、京の花街を唄を吟じながら歩けば、
皆が振り返るほどだったようです。
ちなみに肖像画は久坂の忘れ形見を参考に、
描かれたものらしいです。

最後もかっこいいですね。
長州の暴発を止めようと苦心しますが、
最後は覚悟を決めて参戦。
鷹司邸に立てこもり最後の嘆願し、
それも叶わず入江九一に、
君主と世子に京に近づくなと伝言して自刃。

渋すぎますね。
西郷隆盛は言います。
今、俺が少しばかりの手柄があったからといって、
皆にチヤホヤされるのは、額に汗が出るような気がする。
もし藤田東湖先生や久坂玄瑞、
その他の諸先輩が生きておられたなら、
到底その末席にも出られたものではない。
それを、ああいう先輩方が早く死なれたために、

俺のような者が偉そうに言われるのは、
恥ずかしゅうてならぬ
これは、頭山満に言っている言葉なので、
旧水戸藩や旧長州藩のおべんちゃらとは思えません。

藤田は西郷より年上ですが、久坂は西郷よりかなり弱輩。
西郷の久坂に対する評価のほどが伺えますね。

現在の知名度は吉田松陰高杉晋作によるものですが、
当時の知名度を考えれば、
松蔭や晋作の添え物みたいな扱いではなく、
違う評価のされ方をしてもいいのではないでしょうか?

■関連記事■
光明寺党の最初の宿泊地はどこ??
 久坂率いる浪士達が最初に宿泊した寺は?
山口市 朝日山招魂社
 久坂の墓碑もあります。
襲ったのは外国船だけじゃなかった(加徳丸事件)
 久坂率いる過激派が起こした事件。
萩市 吉田松陰墓所
 松陰らの墓所には、久坂玄瑞の墓碑もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。