岩手県一関市 祥雲寺(一関藩主田村家墓所)

祥雲寺一関藩主田村家の菩提寺。
元々は岩沼藩時代に田村宗良が開創した大慈寺で、
一関に転封された際に、移転して名称も変更されました。


一関市街周辺(祥雲寺の場所)。


祥雲寺本堂」。
本堂は明治期に焼失し、再建されたものです。
寺名は初代藩主田村建顕の祖母祥雲院からで、
彼女が開基となっています。


田村家墓所」。
本堂の左手に田村家墓所がありますが、
僕が訪問した他の藩主家と赴きが違います。
階段の上にこんもりとした土饅頭があるだけ。
大正2年に品川東禅寺等にあった墓を改葬したようで、
その際に祖である坂上田村麻呂の墓に倣い、
墳丘墓に改めたようです。


第十一代一関藩主 一関藩知事 田村崇顕公之墓」。
一関藩最後の藩主。
先代の田村邦栄が戊辰の罪で隠居させられたため、
急遽家督を継いで藩主となった人物。
これも変わった墓です。
自然石の墓標って結構ありますが、
墓石に使われるものとは違い、ただの岩にしか見えない。


播州赤穂藩主 浅野内匠頭長矩公供養之塔」。
幕末とは関係ないのですが、
赤穂藩主浅野内匠頭が切腹したのは、
一関藩の江戸藩邸の庭だそうです。
その縁か、浅野内匠頭の供養塔が建てられていました。


祥雲寺の右手の裏参道を行くと、石碑が並んでいます。
この中の2つが戊辰戦争のもの。


戊辰戦役生還者姓名碑」。
生還者の碑って珍しいですね。
生還者の名前が名簿のように刻まれています。


戦死舊一関藩士碑」。
こっちは戦死者の碑ですが、
生還者のものと違って名簿ではありません。

戊辰の敗戦後、藩主田村邦栄は祥雲寺にて謹慎。
その後の新政府からの沙汰は、
3000石の厳封と邦栄の隠居でした。

■関連記事■
岩手県一関市 一関陣屋跡
 一関藩田村家の居城。
福島県三春町 三春城跡
 田村家はかつて三春城主でした。
宮城県白石市 片倉家墓所
 伊達政宗正室愛姫の父田村清顕の墓もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。