岩手県一関市 一関陣屋跡

一関藩は、元々伊達正宗の十男伊達宗勝が、
仙台藩より3万石を分地されて大名になったのが始まり。

幕府との繋がりが強かった宗勝は、
放蕩三昧の仙台藩主伊達綱宗を強制隠居させ、
幼い仙台藩主伊達綱村の後見人として、
宗藩である仙台藩を牛耳っていましたが、
伊達騒動により重臣同志の刃傷事件にまで発展。
この責任で宗勝は処罰されて土佐預かりとなり、
一関藩は改易となっています。

その後、同じく仙台藩の支藩であった岩沼藩田村家が、
一関に領地替えとなり、再び一関藩が立藩しました。

田村家は元々は三春(記事はこちら)の大名家でしたが、
豊臣秀吉奥州仕置により改易となっています。
伊達正宗の正室で田村家の娘である陽徳院(愛姫)は、
2代仙台藩主伊達忠宗に、実家の再興を嘆願。
陽徳院は86歳で死去しますが、忠宗は遺言を容れ、
三男鈴木宗良が田村家を相続して岩沼藩を立藩し、
次代の田村建顕の代に、一関に移封となります。

一関藩の城下町は、現在の一関駅西側一帯でした。

一関駅西側周辺(一関陣屋の場所)。


当時の城下町。中央上が陣屋で、左側が釣山
釣山の北側に武家屋敷がびっしりと並んでいました。


「一関陣屋跡」。
陣屋のあった場所は、現在裁判所となっています。
陣屋のあった場所の多くは、
○○陣屋跡」の標札や碑があるのですが、
残念ながらここにはなにもありません。


釣山公園」。
陣屋の背後にそびえる釣山は、陣屋が一望できる為、
入山が規制されていたようです。

釣山公園には、たくさんの顕彰碑が建てられています。

維徳維馨(森中和(包荒先生)遺徳碑)」。
森中和は、幕末・明治初期の郷土の功労者。
岩手模範学校(現岩手大学)の校長だった人物で、
退職後は学習塾を開設して、
漢学・漢詩を指導していたようです。


高平小五郎胸像」。
日露戦争講和会議で、外務大臣小村寿太郎と共に、
全権委員としてポーツマス条約を締結させた人物で、
後に駐米大使となり「高平・ルート協定」で、
日米関係の安定を保ちました。
彼は元一関藩士で戊辰戦争にも従軍しています。


釣山からは市街地がよく望めます。
桜の名所でもあるようで、
訪問時には花見客がちらほら見えました。


千畳敷」と「田村神社」。
山頂は千畳敷と呼ばれる平坦な場所です。
釣山は戦国以前には要塞であったとされ、
この千畳敷が本丸であったらしい。
田村家が維新後にこの地を離れて東京に移住し、
大正期に再び東京から一関に戻った際に、
田村家の祖坂上田村麻呂を祀る社殿をここに移しました。
当時は豪華な社殿であったようですが、
昭和の大戦後に心ない人々の手により破壊されたという。

一関藩は宗藩である仙台藩と共に、奥羽越列藩同盟に参加。
秋田戦争を戦っています。

【一関藩】
藩庁:一関陣屋
藩主家:田村家
分類:3万石、外様大名(仙台藩支藩)

■関連記事■
宮城県仙台市 仙台城跡
 伊達宗家仙台藩の藩庁。
宮城県白石市 白石城
 一国一城の例外として、片倉家が城代を務めた仙台藩の支城。
愛媛県宇和島市 宇和島城
 宇和島伊達家は分家ではなく別家。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。