宮城県白石市 白石城

一国一城令大坂夏の陣後の、
慶長20年閏6月13日に制定され、
諸大名に居城以外の城の破却を命じたものでした。

戦は陣取り合戦ですので、各大名は要所に支城を設け、
領内への敵の侵攻を防ぐ要塞としていましたが、
これによって諸大名の軍事力は大きく下がります。
この一国一城令の「一国」という意味は曖昧で、
一国が令制国なのか、その大名の領地なのか、
場合によって解釈が異なっていました。

例えば毛利家の場合、令制国は周防長門の2国。
一国一城が令制国であるならば、
2つの城を持てることになりますが、
毛利家は支藩を含め、萩城以外は破却しています。
※幕府は周防の岩国城まで壊す必要は無いと思っていたらしい
一方で一令制国に複数の城主大名がいる場合、
それぞれ城を持っていました。

また、徳川家に近い大藩や東北諸藩では、
一令制国に2城や3城も持った藩もあり、
柔軟に運用された法令だったようです。

この白石城仙台藩の支城として、
一国一城令の例外となった城で、
片倉小十郎景綱を初代とする片倉家が、
江戸時代を通じて代々城代を務めています。
片倉景綱は主の伊達政宗の腹心として重用され、
伊達家の主な戦の殆どに参戦し、また対外交渉でも活躍。
豊臣秀吉小田原征伐に参陣するように進言し、
政宗に決意をさせたのも景綱とされています。

子の片倉小十郎重綱(重長)も大坂の陣に参陣して、
後藤又兵衛を討ち取るなどの功績を挙げて、
父に劣らぬ名声を得ました。
また3代片倉小十郎景長も、
伊達騒動において改易の危機を救い、
片倉小十郎家は伊達家で特別に重んじられています。


二ノ丸大手二ノ門跡」。
白石城は現在、二ノ丸跡、本丸跡が、
益岡公園として整備されています。
ここはニノ丸の大手門だった場所。
櫓門は城下の当信寺に移築現存しています。


当信寺山門(白石城東口門)」。
こちらが移築現存する二ノ丸大手二ノ門。
二階の表裏に大きな眼像窓が開けられており、
幕末期には太鼓が置かれ、
城下に時を知らせたとされています。


二ノ丸大手二ノ門跡を抜けて、
白石城歴史探訪ミュージアムを過れば、
白石城の象徴である三階櫓が見えてきます。


大手一ノ門」。
とてもこじんまりとしていますが、
本丸の大手口です。
なんだか勝手口みたいですね。


大手二ノ門」。
こちらは立派な櫓門です。
微妙に枡形になっています。


本丸跡」。
本丸跡は現在、広々とした公園となっていますが、
当時は敷地ぎっしり御殿の建物が建っていました。
ここで奥羽越列藩同盟成立に関わる白石会議が、
慶応4年閏4月11日及び23日に開かれています。


片倉小十郎景綱公頌徳碑」。
初代小十郎景綱の頌徳碑。
本丸跡の中央にそびえ立っています。


白石城三階櫓」。
平成7年に復元された天守。
木造による本格的な復元天守なのですが、
実は江戸期に天守と呼ばれた事は一度も無く、
大櫓」と呼称されていたようです。
もちろんどう見ても天守ですので、
幕府への配慮だったのでしょう。


鐘堂」。
三階櫓の横の突出平場に建つ鐘堂。
非常の時に鳴らされた他、
毎年7月の土手と堀の清掃の際も、
この鐘を鳴らしていたとされます。
非常時も大掃除も総動員ということでしょうね。
鐘は桑折町の傳来寺に現存されているそうです。


三階櫓内。
展示品は多くありません。
その分広々としていますね。


三階櫓からの本丸跡の眺め。

本丸を出てニノ丸北側へ。

神明社」。
ニノ丸北側に鎮座する神社。
白石城鎮守、領内総鎮守として片倉家より庇護を受け、
社領二貫三百文、日供米月一俵を献じられていました。
坂上田村麻呂が創建したとされています。


厩口門跡」。
その名のとおり馬の出入りをさせていた門で、
神明社の参道になっています。
ここにあった櫓門は延命寺に移築現存しています。


延命寺山門(旧白石城厩口門)」。
白石城にあった時の厩口門は、
入母屋式だったようですが、
移築の際に切妻式の門に改築され、
山門らしくされたようです。


片平観平碑」。
厩口門脇にある片倉家家臣片平観平の顕彰碑。
片平観平は水害に悩む領民の為に、
私財を投じて治水工事を行い、
蔵元大堰切通隧道を完成させた人物。


鳥羽伏見の戦い新政府軍が勝利し、
会津藩追討が仙台藩などの奥羽諸藩に命じられ、
仙台藩、米沢藩は会津藩に対して降伏を求めますが、
会津藩はこれに応じませんでした。
奥羽鎮撫総督府が諸藩に強硬に出兵を即したため、
仙台藩は会津藩境まで出兵して待機し、
会津藩と謝罪降伏の交渉を行いますが、
降伏内容に折り合いがつきません。

閏4月11日。
米沢藩・仙台藩は、奥羽の諸藩に招集を発し、
奥羽諸藩による列藩会議が白石城にて開かれます。
そこで会津・庄内藩赦免の嘆願書が作成され、
奥羽鎮撫総督に提出。
しかし却下された為、諸藩は征討軍の解兵を宣言。
5月3日に奥羽列藩同盟が仙台で成立し、
後に長岡藩および北越の5藩が加わり、
奥羽越列藩同盟となりました。

その後、寛永寺から逃れた輪王寺宮が白石城に入り、
奥羽越列藩同盟の盟主に就任。
白石城は列藩同盟の拠点となりましたが、
敗戦後に新政府軍に没収されてしまい、
片倉家は領地を数百分の一に縮小されています。
一時、盛岡藩南部家が転封して白石藩13万石となりますが、
盛岡藩士、領民達の復帰運動により、南部家は盛岡に復帰。
白石は政府の直轄となって廃藩置県を迎えました。

最後にご当地グルメを紹介します。

白石うーめん」。
白石のご当地グルメです。
白石城下に鈴木味右衛門という人物がいて、
父が胃を病んで何日も絶食していたという。
親思いの味右衛門は、何か胃も優しい食事はないかと探し、
旅の僧から油を一切使わない麺の製法を教えてもらい、
これを父に食べさせたところ、胃病は快方に向かい、
やがて全快したという。
領主片倉小十郎は、味右衛門の親孝行を称え、
味右衛門の麺を「温麺(うーめん)」と名付け、
温麺の生産を奨励したと伝えられています。

■関連記事■
宮城県仙台市 仙台城跡
 主家である仙台藩伊達家の居城跡。
宮城県白石市 片倉家墓所
 白石城代片倉小十郎家の墓所。
宮城県白石市 世良修蔵墓所
 福島で殺された世良の首級は白石に運ばれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。