愛媛県宇和島市 宇和島城

宇和島藩伊達家がほぼ江戸時代を通じて治めた外様藩

藩祖伊達秀宗は「独眼竜」の異名を持つ伊達政宗の庶長子で、
はじめ世子でしたが、正宗の正室愛姫に忠宗が生まれた為、
別家を興じて幕府より伊予宇和島10万石が与えられます。

秀宗はその名の通り豊臣秀吉から偏諱を受けており、
一時は豊臣姓まで賜った経緯もありました。
豊臣政権から徳川幕府へ治世が移り、
宗家忠宗が将軍徳川秀忠から偏諱を受けた事により、
上記のように忠宗が次期仙台藩主に内定した為、
政宗が秀宗の身が成り立つように大坂の陣に参戦させ、
戦功を挙げさせたようです。

宇和島藩成立に際し、正宗は仙台藩より家臣団を選出し、
仙台藩より6万両が貸し与えられます。
しかし、重臣である山家清兵衛桜田玄蕃が対立し、
和霊騒動が勃発。桜田派が山家を惨殺し、
宇和島藩はその事を正宗や幕府に報告せず、
これを知った正宗は激怒し、一時は取り潰しを訴えますが、
井伊直孝土井利勝の仲介によって正宗が訴えを取り下げ、
秀宗も正宗と面会して和解し、晩年は良好な関係でした。

このように宇和島藩は独立した大名でありながら、
宗家と別家の力関係から、仙台藩では支藩扱いされ、
その後の関係は決して良好ではなかったようです。
また、秀宗は遺言により五男伊達宗純に3万石を分与し、
伊予吉田藩を立藩させていますが、
これにより石高が下がって家格も下がった為に、
幕府に高直しを嘆願して10万石を維持しますが、
実高7万石で普請は10万石となって財政を圧迫。
この財政難は江戸時代を通じて慢性化しています。
他の藩の幕末期の多くの藩政改革には、
こういう事情もあったようですね。

宇和島城は、宇和島湾に面した丘陵に築城された平山城で、
本来は海に面しており、海水を引き込む堀もありましたが、
現在は埋め立てられており、丘陵部のみが残されています。

桑折氏武家長屋門」。
宇和島城への登城口は2ヶ所で、こちらは北側入口。
この門は家老である桑折家の長屋門だったもので、
ここに移築保存されています。


三之丸御殿跡」。
駐車場から建物のあるあたりが、
初期の御殿と政庁が置かれた三之丸御殿跡。
後に御殿は城の南側に移されていますが、
建物は残されて側室の休憩場所として利用されています。
その後、文久3年に取り壊され、
跡地は調練所として利用されました。


堀は全て埋め立てられていますが、
丘陵部は良好に保存されています。


井戸丸へ続く石段。


宇和島城の井戸」。
井戸丸と呼ばれる曲輪にある井戸。
宇和島城の中で最も重要な井戸だったようで、
御門や櫓が建てられて厳重に管理されていたという。


さらに登ります。
帯曲輪」「二之丸」と狭い郭を抜け本丸跡へ。


宇和島城天守」。
日本の最南端で最西端にある現存天守。
12ある現存天守の中で唯一、
城内に障子建具が残っています。

本丸跡を出て北側の藤兵衛丸へ。

山里倉庫(城山郷土館)」。
現存する武器庫。
本来は三之丸御殿跡の調練所にあったもので、
現在は城山郷土館として使用され、
奥には「穂積陳重・八束兄弟の生家の長屋門」も、
移築されています。
穂積兄弟は、宇和島藩士穂積重樹の次男、三男で、
共に法学博士として活躍した人物達。

藤兵衛丸を出て長門丸へ。

宇和島城」碑。
跡碑どこにあるのかなと探してましたが、
ここにありました。


宇和島城は現存天守に目を奪われがちですが、
とても雰囲気の良い野面積の石垣が、
保存状態良く沢山残されています。


長門丸跡」。
海側の防衛拠点であった長門丸跡は、
遊具などがある広場となっています。

長門丸を出て、南側から降城。

上り立ち門」。
城内丘陵部の南側の入口。
現存する城跡の薬医門の中でも大きいもので、
創建年数も慶長期ではないかとされています。


児島惟謙先生」像。
上り立ち門の脇にある銅像。
児島惟謙は宇和島藩士金子惟彬の次男として生まれ、
貧しく年少期は苦学して文武に励み、
特に剣術は師範免許の腕前であったようです。
これが認められ撃剣教授として藩内各所に招かれ、
尊皇攘夷運動にも奔走。諸藩を巡り志士らと親交し、
長崎では、坂本龍馬五代友厚の知遇を得ます。
慶応3年に脱藩し、本格的に勤皇活動に奔走。
維新後は司法省に出仕し、大審院長にまで昇進しました。
ロシア皇太子の暗殺未遂事件である大津事件では、
毅然とした態度で政府の圧力を退け、
犯人を無期懲役としています。
その後、貴族院議員衆議院議員等を経て、
明治42年に死去。

幕末の宇和島藩主は四賢候のひとり伊達宗城ですが、
宇和島藩は他の四賢候の藩と比べて石高は低く、
幕政に関与する余裕はそんなになかったと思われます。

宗城の先代である第7代藩主伊達宗紀は、
倹約令文学奨励産業振興等の藩政改革を行い、
財政を健全化を成功させます。
しかし、世継ぎに恵まれず、
薩摩藩等から養子縁組を持ち掛けられますが、
藩政を他から牛耳られる事を危惧してこれを断り、
藩主家の諸流であった旗本山口家より、
宗城を養嗣子を迎えました。

宗城は宗紀の藩政改革を継承・発展させ、
木蝋の専売化石炭の埋蔵調査などを実施。
また、他藩から高野長英村田蔵六等、
優秀な人材を招くなど、軍政の近代化にも着手します。
幕政にも積極的に関与し、幕閣に幕政改革を訴え、
将軍継嗣問題では井伊直弼南紀派と対立し、
一橋派に与した為、安政の大獄で隠居謹慎処分となりますが、
実権はそのまま宗城が持ちました。

桜田門外の変で井伊が暗殺されると、
謹慎を解かれて復帰し、京都で国事に奔走して、
大政奉還後は新政府の議定となります。
しかし、支藩の伊予吉田藩が佐幕派、
宗家の仙台藩が朝敵となり、その説得や存続に尽力し、
戊辰戦争にも消極的であった事から、
政府内で主導権を握る事が出来ませんでしたが、
外国通であり優秀であった宗城は新政府で重宝され、
日清修好条規では公使を務めています。

宇和島城は、日本に12しかない現存天守がある城ですが、
それだけではなく、石垣などが良好な状態で保存されており、
城好き、歴史好きの方には、是非お勧めしたい城です。

【宇和島藩】
藩庁:宇和島城
藩主家:秀宗流伊達宗家
分類:10万石、外様大名(準国持)

■関連記事■
愛媛県宇和島市吉田町 伊予吉田陣屋跡
 宇和島藩の支藩伊予吉田藩伊達家の陣屋跡。
愛媛県宇和島市 等覚寺(宇和島藩伊達家墓所)
 宇和島藩伊達家の菩提寺のひとつ。
愛媛県宇和島市 大隆寺(宇和島藩伊達家墓所)
 宇和島藩伊達家の菩提寺のひとつ。長寿大名伊達宗紀の墓も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。