愛媛県宇和島市 等覚寺(宇和島藩伊達家墓所)

龍華山等覚寺宇和島藩伊達家の菩提寺で、
初代から4代藩主および、
6代以降の偶数代の藩主の墓所があります。


等覚寺山門」。
等覚寺は初代藩主伊達秀宗が、
母の菩提を弔うために建立した寺で、
建立当時は龍泉寺という寺名でした。
その後、秀宗が死去して龍泉寺に葬られたため、
秀宗の戒名(等覚寺殿拾遺義山常信大居士)より、
寺名を等覚寺と改められています。


本堂」。
家臣や領民が寺の名を呼ぶ際に寺名を呼ぶと、
元藩主を呼び捨てにすることになる。
そこで藩は寺名の等覚寺とは呼ばせず、
山号の龍華山で呼ばせるていたようです。

等覚寺の伊達家墓所は、
本堂左側の左側にある西墓所と、
本堂の右後ろ側にある東墓所に分かれています。

西墓所」。
初代藩主伊達秀宗と、その殉死者4名の墓、
病弱で父より早逝した伊達宗実の墓、
4代藩主伊達村年の墓および伊達政宗と、
秀宗の母である新造の方の供養塔などがあります。


伊達秀宗の墓」。
宇和島藩初代藩主秀宗の墓。
殉死した4人の家臣の墓と共に並んでいます。

西墓所には幕末に関係する藩主家の墓はなく、
幕末に活躍した8代伊達宗城の墓は、
東墓所の方に建てられていました。

東墓所」。
2代伊達宗利、3代伊達宗贇、6代伊達村寿
そして幕末期の8代伊達宗城、
10代当主伊達宗陳の墓があります。


靖国院殿藍山維城大居士(宗城の墓)」、
春光院殿靖臺慈芳大姉(宗城正室猶子の墓)」。
宗城の墓は正室の墓と並んで建てられています。
英国外交官アーネスト・サトウは、
宗城を「四国の小領地にはもったいない程有能」、
大名階級の中でも一番の知恵者」と評していますが、
僕も彼が四賢候の中で一番優秀だったと思います。

正室の猶子(益子)は、佐賀藩主鍋島斉直の娘。
佐賀藩10代藩主鍋島閑叟の姉にあたりますが、
宗城の前は福山藩主阿部正寧の正室だったらしい。
正寧は病弱だったようですが、
弟の阿部正弘に家督を譲って隠居した後、
明治まで生存していましたので死別ではありません。
たぶん何らかの事情で佐賀に戻され、
あらためて宗城に嫁いだのでしょう。
このへんの経緯はよくわかりません。


宮中顧問官従二位勲三等侯爵伊達宗陳墓」。
宇和島伊達家10代当主伊達宗陳の墓。
宇和島藩最後の藩主伊達宗徳の長男で、
宗徳の死去に伴い当主となります。
貴族院侯爵議員に生涯在任し、
宮中顧問官等を務めました。

藩主家墓所が複数あるのは珍しくはありません。
宇和島藩でも墓所は2つの菩提寺に分かれています。
幕末に活躍する伊達宗城の墓はこの等覚寺にあり、
とりあえずこちらにだけは来たかったのですが、
幕末の宇和島藩主は宗城ではなく次代の宗徳です。
・・ということで、
もう一つの菩提寺である大隆寺も参らねば・・・。
次回は大隆寺を訪問致します。

■関連記事■
愛媛県宇和島市 宇和島城
 宇和島藩伊達家の居城跡。
愛媛県宇和島市 大隆寺(宇和島藩伊達家墓所)
 もうひとつの藩主菩提寺。
宮城県仙台市 仙台城跡
 宗家仙台藩伊達家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。