愛媛県宇和島市吉田町 伊予吉田陣屋跡

出張で愛媛県八幡浜市へ。
残念ながら八幡浜市は幕末史跡が少ないので、
周辺の市まで足を伸ばしてみます。

何の因果か前回まで仙台藩の記事でしたが、
今回は同じ伊達家伊予吉田藩の陣屋を訪問しました。

伊予吉田藩は、正確には吉田藩なのですが、
三河や広島にも同名の藩があって区別の為に、
藩名は伊予吉田藩三河吉田藩安芸吉田藩と呼ばれ、
陣屋名も伊予吉田陣屋三河吉田陣屋安芸吉田陣屋と、
区別して呼称されています。
ちなみに下関の奇兵隊陣屋も吉田陣屋と呼ばれますが、
一般的ではありませんね。

さて、伊予吉田藩の伊予吉田陣屋は、
宇和島藩初代藩主伊達秀宗の五男伊達宗純が、
3万石を分知されて立藩した支藩です。
この分地には陰謀の類いがあったと噂されて、
遺言書偽造などが疑われ、宗家である宇和島藩と、
伊予吉田藩に確執が生じることになりました。

そういう訳で支藩でありながら従属の立場ではなく、
宗純が登用した浪人山田仲左衛門が藩政を掌握した件で、
家臣達が反発して総宗家である仙台藩に直訴したため、
仙台藩、宇和島藩がその騒動に関与するに至り、
山田仲左衛門が失脚して仙台藩預かりとなって騒動は収束。
事後処理に宇和島藩が大きく関与した事から、
両者の関係は修復するに至り、
健全(?)な、宗藩・支藩の関係が築かれました。


伊予吉田陣屋は、写真手前の河内川と、
右奥の国安川を天然の堀としています。


宇和島市立簡野道明記念吉田町図書館」。
陣屋跡にそびえる陣屋御殿風の図書館。
漢学者簡野道明を記念して建てられた図書館で、
昭和63年に吉田陣屋を模擬復元したもの。
模擬とはいえ良い味を出していますね。


吉田陣屋跡」。
図書館の駐車場の脇にある石碑。


遺構としては川沿いの石垣などが残されています。
門や櫓などの建造物は現存していないようでした。

幕末の伊予吉田藩の藩主は8代伊達宗孝で、
四賢候のひとり宇和島藩8代藩主伊達宗城の実弟。
名君と呼ばれる実兄に似ず暗君であったようで、
しかも仲が悪かったらしい。
藩政を顧みず、贅沢して散財し借金を増やす始末。
大政奉還後も佐幕的立場を取ったことから新政府に睨まれ、
最終的に宗城のとりなしで許されています。

【伊予吉田藩】
藩庁:吉田陣屋
藩主家:宗純流伊達家
分類:3万石、外様大名(宇和島藩支藩)

■関連記事■
愛媛県宇和島市 宇和島城
 宗家の宇和島藩伊達家10万石の居城。
愛媛県西予市 卯之町①/
 近隣の宿場町卯之町は宇和島藩領。
広島県安芸高田市 安芸吉田陣屋跡
 同名の藩である安芸吉田藩は、広島藩の支藩。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。