東京都荒川区 延命寺(首切り地蔵)

南千住小塚原回向院の境内は、鉄道の敷設で分断され、
分断された南側の境内は延命寺として独立しました。

罪人達を供養するために建てられた首切り地蔵は、
南側の延命寺の方にあります。

延命寺」。
JR常磐線東京メトロ日比谷線間、
細長い敷地に建っています。
刑場はこの延命寺の南側のだったようです。

刑死体は申し訳程度に土を被せるのみで、
夏になると周囲に臭気が充満し、
野犬やイタチが食い散らかして、
地獄のような有様だったという・・・。

・・と、語られていますが、
果たしてこれはいつの事なのでしょう?
小塚原回向院が造られてからは、
ある程度ちゃんとした火葬をしていたようです。
上記のような状態が続いたとなると、
江戸の町に伝染病が流行る心配も出てきますので、
幕府としてもそのような愚策を犯すとは思えません。


首切り地蔵(延命地蔵)」。
訪問時はちょうど逆光で、
たくさん写した中でこれが一番まともでした。
※カメラがボロくて逆光に弱い。
思っていたよりかなり大きい地蔵様です。
「首切り地蔵」は結構全国的にあるようですが、
主に2種類のパターンがありますね。
ひとつはここのような罪人を供養する為のもの。
もうひとつは文字通り首を斬られた地蔵
罰当たりな輩が斬ったもので、これも全国的あり、
全く正反対のものですが、同じ呼称で呼ばれています。

子供の守護神として知られるお地蔵様ですが、
もともと地蔵菩薩は、地獄における責めの苦しみから、
罪人を救済してくれる存在としての仏であり、
刑場の仏像としてはうってつけでした。

縄が打たれている罪人達は、
手を合わせる事もかなわなかったでしょうが、
執行前にチラッと地蔵が見えたならば、
少しは心安まったのではないでしょうか?
そう考えれば、この大きさも合点がいきますね。

■関連記事■
下関市長府 松小田刑場の首切地蔵
 刑場に置かれていた地蔵は、福昌寺境内に置かれています。
下関市吉田 法専寺(首斬り六地蔵)
  鳥尾小弥太は血気に逸って、六地蔵の首を斬りました。
山口県山口市 脱退諸士招魂碑ほか
 長州藩の柊刑場跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。