下関市吉田 法専寺(首斬り六地蔵)

慶応元年。長州内訌戦に勝利した奇兵隊は、
来たるべき幕府との戦いに備えて、下関への転陣命令が出されます。

当初、長府に転陣する予定でしたが「差し支える事」があり、
本藩領の吉田郷に転陣する事となりました。

この「差し支える事」とは、「馬関開港論」によって、
長州藩と長府藩との間に溝ができてしまった時期で、
とても長府に奇兵隊を駐屯させておける状態ではなかったという。

後に開港論はうやむやになり溝はなくなりましたが、
とにかく吉田郷に一時的に駐屯する事となったのです。

一時的にということで、大掛かりな陣屋は作られず、
吉田郷の神社・仏閣に兵員を分けて駐屯することになります。
幕長戦争の終了後、正式に吉田が奇兵隊の本拠地となり、
陣屋か作られた後も、吉田郷全体を要塞化するために、
そのまま駐屯することとなった寺院もありました。

今回行った法専寺もその一つ。
吉田郷の南東側に位置していた為、
南東側を守る砦として奇兵隊士が駐屯しました。


東行庵から南下して県道260号を進むと北に分かれる道があり、
その道を入ってすぐのところにあるのですが、
入り口がわかりづらく、案内板もないので見逃してしまいそうでした。


参道は長くなかなか雰囲気があります。
落ち葉やクモの巣で、人があまり通ってる風では無かったのですが、
それもそのはず、車で行ける別の道がありました。
でも、ここはやはり当時の参道を使って行くことに意味があるのです。


長い参道を進むと「山門」が見えてきます。
屋根が茶色で珍しいですね。石州瓦でしょう。


本堂」。これも石州瓦です。


みよちゃんは何故か本堂の階段に座っておすまし。


本殿の縁に設置されている案内板はなんとも残念。
奇兵隊が「騎兵隊」になっています。
金属製の立派な案内板なのに・・・・・・。

さて、案内板にも書かれていますように、
この寺には首を斬られたお地蔵様がいます。

お地蔵様の首を斬ったのは、後の陸軍中将鳥尾小弥太
奇兵隊の少年隊隊長だった鳥尾は、日本の本来の宗教は神道であり、
仏教がはびこるのは許せんと、部下を連れて六地蔵の首を斬ったのだとか。

こちらがその六地蔵様。首は修復されていますね。

鳥尾は乱暴者だったようで、親からも勘当されていたらしい。
奇兵隊が寺で世話になっているのに、バチ当たりだし恩知らずな・・・。

廃仏毀釈神仏分離令より派生した思想ですが、
神仏分離令は、その名のとうり神道と仏教の分離が目的で、
仏教を破棄するということではなかったのですが、
一部の湾曲した過激思想が、寺院にとって悲劇となりました。

鳥尾が地蔵の首を斬ったのは、この廃仏毀釈運動より前のはずですが、
同様の考えからの行動でしょう。
とはいえ、鳥尾の晩年は仏教に帰依して参禅生活をしていたそうです。


地蔵の首元を見ると、補修の跡がわかります。


この法専寺には、奇兵隊四番小隊長阿川四郎らの墓があるらしい。
・・・でも見つけられませんでした。
案内板とかもないし、草に埋もれてる墓もある。
名前を戒名で書かれてたら絶対無理だし諦めました。
もう一度、下調べして来ようと思います。

■関連記事■
下関市吉田 常関寺(小倉戦争時の野戦病院)
 こちらも吉田の駐屯地。野戦病院としても利用されました。
下関市吉田 奇兵隊陣屋の守護神
 奇兵隊は雷神でもある菅原道真を守護神としています。
奇兵隊の吉田転陣
 奇兵隊の吉田転陣の際に起こった一悶着。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。