山口県山口市 脱退諸士招魂碑ほか

中国自動車道山口ICを下りた北側に、
かつて刑場があったようで、
その跡地に数基の石碑が設置されています。


柊刑場跡」。
という交差点の東側の坂道を登ると広場があり、
そこに碑や説明板が並んでいます。


脱退諸士招魂碑」。
明治2年、奇兵隊を含む長州諸隊が再編され、
5千余名のうち3千余名が論功行賞も無く解雇されます。
従軍の功績は考慮されず、身分や役職で選別されており、
各地を転戦した平民出身の諸隊士は失職。
これを受けて奇兵隊士の一部や振武隊鋭武隊等が、
脱隊騒動を起こしました。

明治3年1月。脱退した旧諸隊士たちは、
山口藩議事館(旧山口政事堂)を襲撃し、
交戦した旧干城隊を撃破。
付近の農民一揆も合流し、山口藩議事館を包囲しました。
この事態に木戸孝允東京から帰藩。
木戸が脱隊騒動鎮圧の指揮を取ることとなります。
脱退諸隊は鎮圧され、首謀者らは捕らえられて斬首されました。
この碑は脱退諸士108名を慰霊する招魂碑です。


大村益次郎醫學記念碑」。
慶応3年にこの柊刑場で大村益次郎が、
この柊刑場で藩医学校山口好生堂の生徒に、
女囚の解剖を指導したとされます。

ちなみに女囚は母子2人を殺した罪を犯した女で、
執刀した医師伊藤生民は、磔にされた女に
死んだらお前の体を貸してくれ」と頼んだそうで、
女は簡単に快諾したとのこと。


長州五傑石」と「大村益次郎顕彰石」。
長州五傑とは、長州藩から欧州に留学した5人の事で、
井上馨遠藤謹助山尾庸三伊藤博文井上勝の事。
一般的には長州ファイブと呼ばれていますね。
それぞれ、外交の父(井上馨)造幣の父(遠藤謹助)、
工学の父(山尾庸三)、内閣の父(伊藤博文)、
鉄道の父(井上勝)と呼ばれました。
5人が一緒に写っている有名な写真をイメージしたもので、
なんら刻まれたり加工されたりしてないただの四角い石・・。
大村益次郎が長州ファイブに渡航費用の調達斡旋したので、
その事を書いた説明板が設置されたので、
ついでに五つの石を並べて長州五傑石としたようです。
その後ろ側には、大村益次郎顕彰石という石がありますが、
これもただの石・・。5人を見守っている感じでしょうか?
お金を掛けない遊び心といった感じで嫌いでは無いです。


戊辰戦役慰霊鎮魂平和祈念塔」。
新しく建てられた慰霊塔のようです。
他にも六地蔵などが建立されておりますが、
写真を撮り忘れてしまいました。

これらの碑や説明板は、
大村益次郎や福田侠平、長州ファイブなど、
維新に貢献した偉人達の顕彰活動を行う団体大内倶楽部が、
建てたり整備したりしているもののようです。
※脱退諸士招魂碑は元々あったもの。
地元でこういう活動しているのは素晴らしい事で、
これから精力的に活動していただきたいですね。

■関連記事■
防府市 勝坂砲台跡
 脱退騒動の際の激戦地。
山口市 木戸神社
 維新の三傑に似つかわしくない小さな神社。
山口市 鋭武隊士今井六郎の墓
 脱退騒動の際に斬首された鋭武隊士の墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。