防府市 勝坂砲台跡

三田尻幕府によって攻められて落とされた場合、
萩往還を通って山口は目と鼻の先となります。
もちろん三田尻は軍港ですので、
何が何でも死守せねばならない拠点ですが、
それだけに敵もそこを狙う可能性がありました。

そこで防府と山口の境に砲台を設置し、
幕軍をくい止めようと、勝坂砲台が建設されました。


防府市下右田周辺(勝坂砲台跡の場所)

三田尻から山口に侵攻するには、
右田ヶ岳西目山の谷間を通らなければならず、
ここを死守すれば、山口に侵攻される事はありません。


国道262号線沿いに案内板が見えます。
これは山口から防府へ向かう方からでないと見えません。
しかしこの矢印の書き方では、
ここから斜め左に行くのかと思いますね。
でもこれはこの上だという意味。
よく見るとコンクリートの壁に説明板が見えます。


え?どれが砲台跡?と戸惑ってしまいそう。
この壁の向こうが砲台跡なのです。


コンクリート壁の上の鉄網のむこうに、
確かに石垣が見えます。これが砲台跡。


少し北に行くと、右田ヶ岳の登山道入口がありますので、
そこから砲台跡に行ってみます。


で、これが砲台跡の石垣。
コンクリート壁でほとんど見えなくなった砲台跡ですが、
登山道の入口からすこしだけ見えます。


コンクリート壁が出来る前の砲台跡。
実際にはこのようになってたんですね。
安全のために壁を設置したんでしょうけど、
もう少しどうにかならなかったのでしょうか?

まあ、国道沿いなんで安全のために壁を設置したんでしょうけど、
せっかくなんだからもう少しどうにかならなかったのでしょうか?

結局、三田尻は攻められることも無く、
使われることはありませんでしたが、
明治3年の奇兵隊脱退騒動の際には、
ここが激戦地となり反乱軍がここを占領しました。
なんとも皮肉な話ですね。

■関連記事■
福井県坂井市 丸岡藩砲台跡
 丸岡藩の設置した砲台跡。
下関市中之町 亀山八幡宮
 攘夷戦の際。亀山八幡宮境内に大砲が設置されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。