福井県坂井市 丸岡藩砲台跡

出張で現地休暇があり、福井市に宿泊。
今回は同僚と2人で行動しており、
宿のチェックイン時間まで間があったので、
せっかくなので東尋坊まで行って時間を潰そうと、
坂井市の東尋坊に行ってきました。


天然記念物及名勝東尋坊」碑。
東尋坊は全国的にも有名な海食崖で、
険しい岩壁が垂直の崖を作り、
地質上極めて貴重であり、
またその壮大な景観から名勝に指定され、
一大観光地となっています。


名称の由来は、ここに突き落とされた僧の名から。
その昔、勝山の平泉寺には数千人僧侶がいたそうで、
その僧侶の一人東尋坊は、僧でありながら乱暴で、
民に悪事を働くなどやりたい放題であったという。
ある時、東尋坊は美しい姫君に心を奪われ、
恋敵の覚念という僧侶と激しくいがみ合います。
覚念は東尋坊に手を焼く他の僧侶らと相談し、
亡き者にしようと険しい岸壁に誘い出し、
皆で東尋坊と突き落とします。
その日から40日も海は荒れて、
これは東尋坊の祟りという事になって、
いつの頃か東尋坊と呼ばれるようになりました。

ここは「自殺の名所」として名高い訳ですが、
ものすごい人数の観光客でした。
観光地化が進んでおり、自殺出来るような状態ではなく、
※自殺出来るような状態がどんなのかは知りませんが・・
ホントに自殺の名所なの?といった感じです。

さて、実は僕にとって東尋坊は単なる「ついで」。
本当の目的は約4km東に進んだ丸岡藩の砲台跡。
時間つぶしに東尋坊を同僚に提案したのも、
ここが近くにあると知ってたから。

丸岡藩砲台跡」。
幕府からの沿岸警備強化の指示を受け、
丸岡藩が領内沿岸に設置した砲台のひとつで、
地名の梶浦から梶台場と呼ばれていました。
築造には高島流砲術家栗原源左衛門が担当。

丸岡藩は早くから軍政の洋式化を進め、
藩主有馬道純自ら砲術家江川太郎左衛門に入門し、
山鹿流兵学空心流砲術荻野流砲術を廃止。
藩士らにも洋式化に先んじていた大野藩に留学させ、
洋式砲術の修業をさせていたようです。


当時の砲台が、ほぼ完全な姿で残っており、
約1.8mの土居は石垣で強化され、
等間隔に5つの砲眼が一列に設けられて、
33mに渡って弓状にわずかな弧を描いています。

多くの砲台跡を訪問している僕ですが、
砲台がこれほど完璧に保存されているのは初めて。
今すぐ大砲を持ってきてもすぐに使えそうでした。

観光客のごった返す観光名所の東尋坊に比べて、
こっちは全く人気がないようですが、
それはそれで写真が撮りやすくて良かったです。
出来れば大砲のレプリカ等を設置して頂ければ、
当時の状況が想像しやすいかも?
まあ、このままの状態の方が、
人も少なくて良いかもしれませんけどね。

■関連記事■
福井県坂井市 丸岡城
 丸岡藩の藩庁。
富山県黒部市 生地台場跡
 加賀藩の設置した大砲台場跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。