富山県黒部市 生地台場跡

仕事で黒部市へ。
黒部といえば黒部ダムが連想されますが、
ダムは黒部市からは行けないらしく、
富山市長野市から乗り継ぐらしいです。
そもそも黒部ダムは黒部市ではないらしい・・・。

ま、それはブログの趣旨から外れていますので、
今回は、加賀藩が建設した台場跡に行ってみました。

黒部市生地地区周辺(生地台場の場所)
黒部市の生地地区には、
黒部川扇状地の湧き水「清水」があり、
水がとっても美味しいらしい。
また、ファスナーのYKKの大規模な工場もあり、
世界中のファスナーが黒部市で作られています。


生地の清水」。
黒部には湧水を飲める所が沢山あります。
飲んでみると、たしかにおいしい(ような気がする)。

あいのとやま線「生地駅」より、
結構歩かなければなりませんが、
頑張って歩いて台場まで行ってみます。
後で知ったのですが、貸自転車が駅近くにありました。


生地台場跡」。
土で盛られた台場が綺麗に復元されています。
加賀藩は嘉永4年にこの台場を造り、
外国船の渡来に備えました。
台場には5ヶ所の大砲を置く場所が設けられています。


モルチール砲(臼砲)」。
生地台場に置かれた大砲は、臼砲と呼ばれる砲身が短いもの。
砲弾は湾曲して飛び、そこまで遠くには飛ばないものでした。


台場のくぼんだ場所にも臼砲が置かれており、
どのようにして設置されていたのか分かり易い。

台場跡ってのは結構日本全国にありますが、
ここまで綺麗に整備されているのは、
少ないんじゃないでしょうか?
しかも大砲までちゃんと設置されているので、
見学者に対してとても親切でイメージし易い。

残念ながら・・というか、幸運にもというか、
この台場が実際に戦闘で火を噴く事はありませんでした。
ここだけでなく、海防の為に造られた多くの台場が、
実戦を経験せずに廃棄されたのでしょうけどね。

■関連記事■
石川県金沢市 金沢城⓵//
 加賀百万石の居城。
福井県坂井市 丸岡藩砲台跡
 丸岡藩が設置した砲台台場跡。
下関市前田 前田台場跡
 攘夷戦に使用された長州藩の砲台台場跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。