下関市前田 前田台場跡

■2020/02/01 写真差し替え及び記事修正。


長州藩下関前田台場跡」。
前田台場は、攘夷戦に備えて築かれた台場で、
文久3年5月に海峡を渡る外国船を砲撃し、
同6月に仏海軍報復攻撃を受けています。


ベアトによる前田台場占領時の写真
6月1日の米艦ワイオミングによる報復に続き、
同5日に仏艦セミラミスタンクレードは、
前田、壇之浦の両砲台に砲撃を浴びせて沈黙させ、
陸戦隊を降ろして台場を占拠して大砲等を破壊。
その後、仏艦2隻は横浜に引き上げました。
※この写真はその時のものではなく、
 後の四国連合艦隊による占領時のものです。



低台場跡」。
この時占領されたのが、後の「低台場」です。
跡碑のあった場所より1段低くなっている所が、
砲台が設置されていた場所。
当初の前田台場はこの「低台場」のみでした。


行啓記念碑」及び「前田御茶屋台場址」碑。
大正15年に、当時皇太子であった昭和天皇が、
この地を訪れた事を記念する碑。
その碑の脇に「前田御茶屋台場址」碑があります。
碑名からもわかるようにこの前田には、
長府藩の藩主が休憩する「御茶屋」がありました。
また11代藩主毛利元義の別邸も建てられていたという。
前田は関門海峡周防灘を一望できる場所で、
景勝地であったようです。


なんだかよくわかりませんが、
貴重そうなレンガ造りの建物もあります。
色々と問い合わせてみます。


高台場跡」。
仏陸戦隊による占領を受けて増築された台場跡。
6月1日の米艦の報復で、長州艦庚申丸壬戌丸が撃沈、
癸亥丸は大破し、各台場も大きな被害を受けました。
この報を聞いた藩政府は、隠棲中の高杉晋作を召喚。
晋作は藩の許しを得て奇兵隊を創設します。
※前田台場は奇兵隊が担当。

前田台場も高台の御茶屋を移転させて台場を増設。
以前からあった台場を「低台場」、
高台に増設された台場を「高台場」とし、
前田台場は二段構えの台場となりました。


皇太子殿下駐駕之處」。
「高台場跡」にある記念碑で、
大正期には貝島炭礦貝島太市の別荘が建てられており、
前記した当時皇太子であった昭和天皇が滞在しました。
その後、中国電力の寮が建てられていたようですが、
現在は下関市が買い取っています。

元治元年8月。
再整備して四国連合艦隊を迎え撃った前田台場でしたが、
ご存じのように艦隊の砲撃に為す術なく沈黙。
再び占領されてしまいました。
他の台場も悉く破壊され、惨敗した長州藩は、
四国連合艦隊に講和を申し入れ、
高杉晋作を正使として派遣しています。

■関連記事■
下関市前田 角石陣屋跡(ロンドンニュースの挿絵)
 前田台場の後方に設置された後方拠点の陣屋。
「下関戦争と前田砲台」展
 考古博物館の展示。
福岡県北九州市 和布刈とフランス水兵戦死者記念碑
 もちろんフランス側にも戦死者は出ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。