「下関戦争と前田砲台」展

僕の行ってる会社の近くに「下関市立考古博物館」という施設があります。
実は下関は古墳が多いところなんです。
有名な「鵜を抱く女」や「英雄の墓」などがある土井ヶ浜遺跡も下関にあります。
この「下関市立考古博物館」のある綾羅木も古墳が多く出土されている場所です。
敷地内には、古墳が多数みられ、中型の前方後円墳もあります。

ここで「下関戦争と前田砲台」という特別展示がされていたので
昼休憩のときに行ってきました。

今年は長州藩と四カ国連合艦隊が戦った「下関戦争」から150年目になるそうです。
展示品は前田砲台から発掘された出土品や、下関戦争の資料など。

「前田砲台」は、関門海峡の下関側の写真の位置にあります。
これらの砲台(台場)から、外国籍の艦船を砲撃しました。
「前田砲台」はその代表的な台場ですね。

有名な上の占領写真も前田砲台です。

下関戦争の様子を伝えた当時の「ロンドンニュース」誌の記事。

大砲が撤去されたあとの前田砲台の様子。「ロンドンニュース」誌。

前田砲台跡から出土した両軍の弾丸も展示されていました。

珍しいのは、大砲不足を補うために作られた木製の大砲!?
これで撃つのは怖いですねぇ。破裂しなかったのかな??

角石陣屋攻防戦の様子が描かれた「ロンドンニュース」誌の絵。
海岸の砲台付近の占領だけではなく、
けっこう内陸部まで四ヶ国が攻め込んでいた事がわかります。

角石陣屋は地図の右上のあたり。
位置関係から、前田砲台占領後に大谷陣屋を落として、
そのまま谷を抜けて角谷陣屋に攻め込んだものと思われます。

他にも占領軍が測量した前田砲台の測量図などもありました。

結構いい施設なのですが、古代はあまり興味がないもので、
全然ここには行かなかったのですが、こういう別ジャンル(発掘という意味では同じ?)の
展示をすれば賑やかな施設になるかもですね。

■関連記事■
下関市前田 角石陣屋跡(ロンドンニュースの挿絵)
 攘夷戦で占領された陣屋跡。
下関市長府 長州に潜入した会津のスパイの墓
 下関の情勢を探ろうと、会津藩から間者が潜入していました。
下関市新地町 妙蓮寺(中島名左衛門の墓)
 長州の砲台の不備と技術を率直に指摘した為、中島は暗殺されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。