下関市新地町 妙蓮寺(中島名左衛門の墓)

高杉東行終焉之地の向かいの妙蓮寺に、
中島名左衛門の墓があります。
妙蓮寺は攘夷戦の際、
長州藩兵の宿舎となっていた場所でした。


妙蓮寺」。
妙蓮寺には高杉東行終焉之地に出る東側の門と、
駐車場のある南側の門があります。

中島名左衛門は長崎出身の砲術家。
高島流砲術の創始者高島秋帆に学び、
海防や砲術の専門家として知られ、
長州藩に招かれて砲術教授となります。
下関にて外国船に砲撃を加えた長州藩は、
世子毛利定広が中島を連れて現地入り。
下関の各砲台の巡視を行いました。

その後、白石正一郎邸にて戦術会議が行われ、
長府藩主毛利元周、総奉行毛利宣次郎
中山忠光松島剛蔵、そして光明寺党の面々が、
今後の対応について話し合います。

この会議で中島は「築城不完全、射撃訓練不十分」と、
現状の長州砲台を専門家の立場から率直に批判。
早急なる改善を提案しますが、
実際に砲撃に参加した光明寺党のメンバーは、
中島の提案に反論を唱え、
世子らの前で自分たちを批判した中島を恨みます。

その夜、妙蓮寺の隣の呉服屋藤屋に宿泊していた中島は、
数人の刺客に襲われ暗殺されました。
光明寺党らの犯行とされています。

次の日の外国船の報復攻撃により、
長州艦や前田等の諸砲台は壊滅。
中島の指摘が正しかった事が証明されています。


中島名左衛門の墓」。
南側の門の裏手にひっそりとありました。
門が開いていると、扉で隠れてしまい、
気が付かない人もいるでしょう。

高杉東行終焉之地の裏の廃墟が無くなっていました。
何になるんでしょうか?
解体工事をしてた人に聞いたら、
壊して更地にしてるだけとの事。
公園とかになったらいいのにな。

■関連記事■
萩市 光福寺(中島名左衛門の墓)
 萩にも中島名左衛門の墓があります。
下関市前田 前田台場跡
 不備を指摘された長州の台場のひとつ。
下関市新地町 高杉東行終焉之地
 妙蓮寺のすぐ近くに林算九郎の離れがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。