萩市 光福寺(中島名左衛門の墓)

萩市の街のはずれ、
椿地区の山の斜面に立つ光福寺
ここに下関で暗殺された長崎の砲術家、
中島名左衛門の墓があります。

中島は長州藩から砲術教授として招かれ、
藩主世子毛利定広と共に下関に赴き、
外国船を打ち払った後の砲台巡視を行いました。
竹崎の白石正一郎邸で戦術会議が行われ、
長府藩主毛利元周、総奉行の毛利宣次郎
京より亡命中の中山忠光、庚申丸艦長松島剛蔵
そして光明寺党の壮士らが集まります。
この席で中島は、砲台が急ごしらえで貧弱であり、
兵の錬度の低く、外国が本気を出せば勝てないと指摘。

実に真っ当な指摘でしたが、これを聞いた光明寺党は、
自分達を侮辱したととらえ、中島を暗殺してしまいます。
その後の外国戦艦の報復攻撃により、長州砲台は破壊され、
村は焼かれ、軍艦は撃沈されます。
中島の指摘どおりの結果となったわけですね。

中島の墓は、暗殺現場(呉服店藤屋)隣、
妙蓮寺にありますが(記事はこちら)、
萩の光福寺にも墓があるようです。
※長崎の正覚寺にも墓があります。


萩市椿周辺 (光福寺の場所)


光福寺」。
萩市街が見渡せる眺めの良い場所にありました。

本堂の裏に墓所があります。

・・で、すぐ見つかりました。
本堂のすぐ裏の急斜面。


贈正五位 松堂中島喜勝墓」。
下関の墓より立派です。
なぜ下関で殺された中島の墓が建てられたでしょう?
この謎のヒントとして光福寺は、
鋳物師の郡司家の菩提寺だということ。
下関に設置された加農砲を造ったのが、郡司喜平治という人。
中島とは面識があり、その関係で光福寺に墓が建てられました。
もちろん位階付きの墓なので、明治期に建てられたものですね。

■関連記事■
下関市新地町 妙蓮寺(中島名左衛門の墓)
 妙蓮寺の山門脇に墓があります。
下関市前田 前田台場跡
 結局長州砲は役に立ちませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。