下関市新地町 高杉東行終焉之地

高杉晋作の終焉の地がきれいになっています。
・・・・といっても、きれいになったのは去年の話。

下関に住んでいながら、晋作のHPやブログを作っていながら、
ぜんぜん知りませんでした。

いや~きれいになった。
すばらしいですね。

以前の「高杉東行終焉之地」。
これはこれで重厚感があっていいんですけどね。
でも、バックの錆びたシャッターが台無しにしてくれてますが・・・。
ちなみに、後ろの建物は廃墟です。
スーパーや市場的な跡ですが、僕が覚えている限りずっと廃墟です・・。
基本的にはこのバックの建物を竹垣で隠したことがメインですね。
なんてナイスな改修なんでしょう。

説明書には、
平成二十六年(二〇一四)十二月、白石家(正一郎末孫)からの
ご寄附を原費として、この地の環境整備を実施しました。

と、書かれています。

ま~。末代まで白石家にお世話になっているんですねぇ(笑)。
白石正一郎の子孫が、「高杉東行終焉之地」の様子を見かねて、
私財を寄附されたんでしょうね。

■関連記事■
東行百四十七回忌
 晋作の147回忌の様子。
下関市新地町 妙蓮寺(中島名左衛門の墓)
 終焉の地の向かいにある寺院。
下関市上新地町 萩藩新地会所と高杉東行療養之地
 クーデターで攻めた会所跡と療養した場所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。