下関市前田 角石陣屋跡(ロンドンニュースの挿絵)

文久3年に起こった下関戦争というのは、
世界的にもニュースになった事件で、
有名な前田砲台が占領された写真や、
スケッチが欧米の新聞に掲載されたわけです。

砲台を占領する様子を写した従軍写真家ベアトの写真は、
多くの歴史教科書幕末書籍に掲載されていますし、
海峡での砲撃戦が描かれた絵も多く残っています。
そんな中、従軍画家ワーグマンが描いたのは、
前田砲台の後方にあった角石陣屋での戦闘でした。


イラストレイデット ロンドンニュース1864/12/10」号の挿絵。
上陸した陸戦隊が角石陣屋を攻撃する様子。
陣屋手前は水田だった模様で、
水田のぬかるみに入る水兵なども描かれています。


下関市前田周辺(角石陣屋があった場所)
角石陣屋は前田台場の後方拠点となった陣屋で、
海沿いの茶臼山の裏手に建設されていました。
前田砲台を占領した連合艦隊は、
前田川を上って角石陣屋まで攻めています。
長州軍は応戦しましたが、角石陣屋を自焼して撤退。
その様子を見て陸戦隊は引き上げました。


現在、角石陣屋のあった場所は、
下関協同生コン㈱の敷地となっています。
当時の面影は全くありませんね。

では、絵はどの位置で描かれたものなのでしょう?
少し手前側のようなので、前田砲台の方へ戻ってみます。

道がカーブしたあたり。
遠くに見える白い建物が下関協同生コン㈱の建物。
黄色いガードレール奥の平地は、水田だったと思われます。
このあたりからの風景でしょうか?


少し水田だったと思われる場所に入ってみる。
下関協同生コン㈱の建物を角石陣屋だと仮定すると、
攻め込む陸戦隊が見ていた風景に近いのではないでしょうか?

こんな辺鄙な場所に大勢の外国人が攻め入っていたのですね。
砲撃戦ばかり取り上げられていますので、
前田砲台を占領しただけだと思われがちな下関戦争ですが、
実は結構内陸部まで戦闘があった様です。

■関連記事■
下関市前田 前田台場跡
 攘夷戦の際に四ヶ国連合艦隊に占領された長州藩の砲台台場。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。