福岡県北九州市 和布刈とフランス水兵戦死者記念碑

壇ノ浦の対岸である門司の和布刈は、
下関側に突き出すような形状になっており、
関門海峡が最も狭くなっている場所です。


最も狭くなっている場所ですので、
そこに橋やトンネルが建設されている訳ですが、
それ以前より交通や戦略の要所でした。

源平の頃に門司城が建てられて戦略の重要地点となり、
本州側への睨みを利かせる役目を担います。
戦国時代には、大内氏、大友氏、毛利氏がここを奪い合い、
特に大友氏と毛利氏は、幾度も門司城めぐって戦いました。


門司関跡」。
本州側関所(赤間関)があったのと同様に、
当然九州側にも関所がありました。


ノーフォーク広場と呼ばれる公園から関門橋を望む。
普段見慣れた橋も、観る場所によって雰囲気が違います。
広場の名称は北九州市の姉妹都市から。


明石予次兵衛塔」。
広場より山側に少し登ると「明石予次兵衛塔」があります。
朝鮮出兵の準備の為に名護屋城にいた豊臣秀吉は、
母の急病の知らせを受けて大坂城に向かいましたが、
関門海峡を通行する際、大里沖の浅瀬で船が座礁。
船頭は明石与次兵衛という細川忠興配下の者で、
座礁の責任をとって大里で切腹。
その後、小倉に入封した細川忠興は、
与次兵衛を弔う石塔を建てて浅瀬の目印としてました。
以降、その浅瀬で座礁する船は無くなったという。

シーボルトがこの石塔に興味を持ったらしく、
江戸参府紀行」にこの石塔の事を記載し、スケッチも残しています。

シーボルトが描いた与次兵衛塔のスケッチ。
方柱形になっているのは何故なんだろう・・・。
一度見て、後から”うる覚え”で描かれたのかな??

大正時代に入って浅瀬は取り除かれ、
塔は海中に沈められて捨てられていましたが、
昭和29年に海中より引き上げられ、
関門海峡を望むこの地に置かれました。

明石予次兵衛塔より一方通行の道を車で登ります。

門司城跡」。
古城山と呼ばれる山の頂上に碑が建てられています。
門司城は一国一城令で廃城となりましたが、
明治に入って要塞が築かれました。


山頂付近には要塞施設の痕跡があちこちに見られます。
このような要塞跡は下関でもたくさん残っていますね。

一方通行の道を下りると、途中に絶景スポットがありました。

関門橋が真近に見える「めかり第2展望台」。
下関側にはこれだけの絶景スポットはありません。
ここには有田焼で造られた「壇ノ浦合戦絵巻」の壁画もあります。
晴れてたらよかったのにね。

さらに下ります。

今回のお目当てはここ。
唐人墓」と呼ばれる下関戦争での仏兵戦死者の慰霊碑です。
イギリスフランスオランダアメリカ四ヶ国艦隊が、
下関を砲撃して砲台を破壊。
上陸して陣屋などを攻撃していますが、
一方的な戦いだった訳ではなく、連合国側の死傷者も多数出ました。

その中でフランス軍は戦死者を長州領より運んで、
対岸の大久保海岸(田野浦のあたり)に埋葬します。
長州側では危険だし、墓も破壊されるかもしれませんしね。

その後の明治28年に、日本のキリシタン史の研究や、
殉教者の顕彰を行っていた宣教師エメ・ヴィリヨン神父が、
彼らの石碑に建てました。

余談ですがこのヴィリヨン神父、日本に来ようと思ったきっかけは、
吉田松陰密航未遂事件だったらしい。
彼が11歳の頃、松陰が密航を企てて拒否されたことが報じられ、
その記事を読んだ彼の父がアメリカの融通の無さを怒ったらしい。
日本の勇敢な青年の嘆願をはねのけた嘆かわしい事件
と報じられたようで、11歳の彼がそれを記憶しており、
日本という国に興味を抱いたようです。

明治元年に来日し、報じられた青年がどうなったのかを訪ね、
そこで初めてその青年が吉田松陰という人物だったことを知り、
その後の松陰の生き様を聞いて感銘を受けたという。
後に萩でも布教活動を行い30年滞在しています。


フランス水兵戦死者の慰霊碑唐人墓)」。
大きな送電鉄塔の脇にひっそり建っています。


一八六四年九月五、六日 下関の戦いにおける
セミラミオ号とデュプレックス号の戦死者である
フランス水兵を記念して
彼らの為に冥福を祈る

・・と書かれているようです(フランス語なんで読めません)。

その後、陸軍の要塞と化したこの地にあって、
何度かこの碑は場所が移されたようですが、
外国人を慰霊するこの碑が破壊されなかったのは、
日本人として誇りに思うところです。

■関連記事■
萩市 萩キリシタン殉教者記念公園
 ヴィリヨン神父が記念碑を建てています。
下関市前田 前田台場跡
 フランス軍が占領した長州藩の台場。
下関市前田 角石陣屋跡(ロンドンニュースの挿絵)
 海岸の台場だけではなく、奥の陣屋も攻めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。