下関市中之町 亀山八幡宮

亀山八幡宮は、長門国三宮
地元では「亀山さん」と呼ばれています。
この神社の境内に砲台が設置され、
攘夷戦の第1発が発射されました。

境内に砲台が設置されるという事になった理由は、
この亀山八幡宮が海に面した神社だったからでしょう。
※現在は埋め立てらて海に面してはいない。

↓埋め立てされていない当時の亀山八幡宮。

↓現在の亀山八幡宮。

大鳥居の石段を上がった境内に、
砲台が設置されていたようです。
その後、諸外国が報復攻撃。
長府の町や他の砲台は甚大な被害を被りますが、
砲台と社殿、守備兵に殆ど被害がありませんでした。
これを神威として「弾除け八幡」と呼ばれたという。

大鳥居は当時と現在のものは別物。
昭和8年に建てられたものが現在のもので、
御影石で作られた鳥居の中では日本最大のものです。
※当時の鳥居は裏手の車参道口に移設。


知る人ぞ知る「額に挟まった軟式ボール」。
昭和30年代に鳥居の前で野球で遊んでいた人が、
竹の棒で軟式ボールを打ち「」の部分に挟まったんだとか。
その後、参拝した下関商業甲子園春夏連覇したり、
早鞆高校夏の大会で準優勝したりしたので、
野球の神様とも呼ばれています。


社殿」は今年リニューアル。キレイな社殿ですね。


境内の「亀山砲台跡」。
海に向けて砲台が並べられていたようです。
現在は埋め立てられていますが、当時はすぐ海でした。
当時の大砲の飛距離は300~400mだったらしいので、
こんな狭い海峡でも弾は届かなかったんでしょうね。


お亀茶屋跡」の説明板。
伊藤博文婦人梅子が勤めていた境内の茶屋が「お亀茶屋」。
伊勢屋小四郎邸で刺客に襲われた伊藤は、
ここに逃げてきて梅子に匿われて難を逃れました。


亀山八幡宮裏参道」。
伊勢屋小四郎邸から逃げてきた伊藤は、
この裏参道を通って逃げたようです。

亀山八幡宮には色々と珍しいものが多く、
これもそのひとつ。

ふくの像」。
日本一のフグの銅像とされていますが、
そんなにフグは銅像にならないんじゃないか?と思う。
とはいえ、この「ふくの像」は戦前からあったもので、
戦中に金属供出で失われ、
その後、地元有志により再建されました。

他にも沢山面白いものがあるのですが、
幕末と関係ないので割愛致します。

この亀山八幡宮は、唐戸市場のすぐ側で、
下関観光で来た人々は必ず訪れる場所でしょう。
それに見合うだけの価値のある観光名所ではありますね。

■関連記事■
江戸から来た金さんの作った亀の甲せんべい
 亀山さんにあやかって亀甲の形に作られた幕末の菓子。
高杉晋作ウォーク(唐戸周辺コース)①/
 高杉晋作ウォークに参加したときの記事。
下関市南部町 伊藤博文公夫妻史蹟・梅子夫人の実家跡
 伊藤梅子の実家跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。