下関市南部町 伊藤博文公夫妻史蹟・梅子夫人の実家跡

金子みすゞ顕彰碑のある寿公園(記事はこちら)の、
左側の坂を登って酉谷寺に行く手前の南部町マンション
ここの壁面に石碑がはめ込まれています。


伊藤博文公夫妻史蹟・梅子夫人の実家跡」。
伊藤梅子店屋久兵衛という人の長女でしたが、
10歳頃に両親と死に別れ、木田幸助という人の養女となります。
この付近に幸助が住む長屋があったようで、
梅子はそこで暮らしていました。

伊藤博文が長府藩士に追われて亀山八幡宮に逃げた時、
境内でお茶子をしていた梅子が匿った事で知り合います。

その後、養父幸助の借金のカタに置屋「いろは楼」に売られ、
伊藤が身請けして助けられました。
その時、置屋の主人が出した条件が「梅子を妻とすること」。
当時伊藤は妻帯者でしたが、離縁して梅子を妻として迎えます。

・・とされていますが、実際はどうだったんでしょうね?
置屋の主人からすれば、お金をもらえるなら妻でも妾でも良いはず。
身請けには親元の許可もいるらしいが、
借金で養女を売るような義父がそんな条件出すのかな?
なんだか妻を離縁する理由付けのような気がしますね。

妻は同じ松陰門下の入江九一野村靖の妹。
そういう理由にしないと関係上マズイからではないのかな?
その頃の伊藤は妻と妾2人を養うほどの禄もなかったわけだし・・。

ところで、身請のお金はどうしたんでしょうね。
入江和作白石正一郎紅屋喜八ら勤皇商人に出してもらったのかな?
親友の井上聞多に工面してもらったのかな?

■関連記事■
山口県光市 伊藤博文記念公園
 伊藤の誕生地にある生家跡と資料館。
伊藤博文 ~高杉晋作との関係
 伊藤は晋作の舎弟のようなものだったとか。
高杉晋作顕彰碑物語①////////
 撰文を書いた伊藤は、除幕式にはこの世にいませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。