山口県光市 伊藤博文記念公園

伊藤博文は熊毛郡の百姓林十蔵の長男として生まれます。
に出稼ぎに行っていた父に呼び出され萩に移住し、
父の十蔵が中間水井武兵衛の養子となり、
その武兵衛が足軽伊藤弥右衛門の養子となった為、
十蔵、利助(博文の幼名)父子も足軽となりました。
百姓として生まれながら、父が中間に養子に入り、
その養祖父が足軽に養子に入るという棚ボタですね。
百姓から日本のトップに立ったというサクセスストーリーは、
豊臣秀吉と同じだったりしますが、
本人の才能とは別にもあったのでしょう。

そして萩で松下村塾で学んで尊皇攘夷運動に邁進し、
長州藩尊攘志士らと共に活躍して幕末を生き残り、
明治の元勲の一人となるわけです。

その伊藤博文の故郷である光市に、
生家及び資料館等が整備されています。

旧伊藤博文邸」。
明治43年に遠祖林淡路守通起の没後3百年を記念して、
林一族及び伊藤家を集めて法要を行うために建設。
伊藤自らが基本設計を行って建築が進められていましたが、
その完成を待たずにハルピンで凶弾に倒れました。
平成16年に大規模な補修工事が行われ、
旧伊藤博文邸として公開されています。


伊藤博文公像」。
敷地内にはこの像を含め、2体の銅像があります。
旧伊藤博文邸の補修工事の際に建てられたもの。


伊藤公資料館」。
伊藤の資料遺品が展示されている資料館。
大礼服などの衣類や別荘で使用していた家具
念持仏などの愛用品の展示の他、
閲覧室記録映像等を上映するシアターもありました。
大韓帝国皇太子大磯に招待した際の映像がありましたが、
幼い皇太子が伊藤と手を繋いでいる様子も記録されており、
現在の国際情勢を考えると、深く感じるものがあります。


伊藤公生家」。
伊藤の生家は萩移住の翌年に暴風雨で倒壊していますが、
大正8年に別の場所に復元されています。
その復元された生家も老朽化した為、
平成3年に元あったこの場所に移転・復元されています。


伊藤公産湯の井戸」と「産湯の水」。
生誕の地によくあるような産湯の井戸です。


伊藤博文座像」。
伊藤公資料館の裏手の丘にある座像。
元々ここには伊藤を祀っていた伊藤神社があったようで、
昭和34年に老築に伴い、束荷神社に合祀されて解体され、
その跡地に座像が建立されています。

伊藤は初代内閣総理大臣です。
しかしながら幕末期には小者の印象を持たれる事が多い。
吉田松陰高杉晋作久坂玄瑞など、
長州藩の大物の陰に隠れてしまっています。
伊藤がトップに立ったのは、大物の死によるところが大きいと、
語られる事が多いのですが、それはあまりにも浅い考察です。

確かに長州藩の大物とされる人物達は若くして死を遂げ、
明治期は人材が小ぶりであったと評価されていますが、
果たして本当にそうだったのでしょうか?
本人の能力が周りに認められたからトップに立てたわけで、
僕は伊藤は彼らが存命して維新を迎えていても、
結局は彼らのリタイヤと共にトップに立っていたと考えます。

幕末期も十分に第一線で活躍していましたし、
明治初期もその周旋能力を活かしており、
三傑亡き後の明治政府を牽引した存在として、
初代内閣総理大臣に指名されるべき人物でした。

大日本帝国憲法発布日清戦争日露戦争
そして初代統監就任と、動乱の明治政府を牽引しますが、
ハルピンで安重根に暗殺されます。
韓国併合に反対の立場であった伊藤の死により、
翌年の明治43年に大日本帝国は大韓帝国を併合しました。

隣国を配慮してか、伊藤が主役の映画やドラマは知る限り無い。
※もちろん脇役としては出てきます。
慰安婦徴用工など、日本を貶める映画が隣で製作されており、
そろそろ伊藤を主役とした映像作品を、
出来るだけ史実に忠実に作り、
世界に発信させても良いのじゃないかとも思う。
もちろん女好きのエピソードも包み隠さずね(笑)。

■関連記事■
伊藤博文 ~高杉晋作との関係
 伊藤と高杉晋作の関係。
下関市南部町 伊藤博文公夫妻史蹟・梅子夫人の実家跡
 伊藤の妻梅子の実家跡。
力士隊について
 伊藤が総督を務めた力士隊について。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。