力士隊について

高杉晋作功山寺挙兵に呼応した諸隊といえば、
石川小五郎遊撃隊伊藤俊輔力士隊です。

この力士隊というのは、
文久3年に諸隊が相次いで誕生したのと同様に、
相撲の力士達で結成された隊です。

各大名は実力ある力士達を「お抱え」として雇っており、
今でいえばスポーツ選手が企業に雇われるようなものでした。
ちなみに伝説的な力士雷電爲右エ門は、松江藩のお抱えです。

もちろん長州藩にも「お抱え力士」が居た訳で、
その「お抱え力士」達が藩の一大事に、
自分達も今こそ日頃のご恩に報いる時ぞと、
藩に願い出て結成されたのが力士隊でした。

大相撲十両の山分勝五郎錦川長五郎菊ヶ浜亀吉
若稲荷勝蔵山猫万吉岩ヶ井粂吉生雲山市蔵らプロ力士と、
地元で集めた草相撲の力自慢らを集めて結成され、
狭間筒と呼ばれる長い火縄銃を与えられ、
来島又兵衛率いる遊撃隊に付属しています。


長州藩お抱えの力士菊ヶ浜勝蔵
山分勝五郎の前の四股名が菊ヶ浜勝蔵らしいのですが、
本人の浮世絵かどうかはわかりません(たぶん違うでしょう)。
四股名は受け継がれますからね・・・。何代目とか。

やがて禁門の変が起こり、力士隊は狭間筒の他に、
金剛棒長槍などを持って戦闘に参加しました。
戦死した来島の遺体を後方に運んだのは力士隊士だとされ、
戦闘自体も勇猛であり、隊長の那須唯一(彼は力士ではない)以下、
阿武潟東三郎阿武潟力松玉石卯之助が戦死しました。

初陣は散々な結果となった力士隊。
次の下関戦争の時はどうだったのかはわかりません。
とにかく四ヶ国と講和が終了した後、伊藤が隊長になりました。
これは井上聞多が襲撃を受けて重傷を負った為、
伊藤の護衛も兼ねて隊長としたようです。
その際、所属も遊撃隊から御楯隊となりました。
※そういえばそうか。遊撃隊所属であるなら、
 功山寺挙兵は遊撃隊と力士隊が参加したとならず、
 遊撃隊だけが参加したという事になるなぁ。

で、功山寺挙兵
諸隊が決起に難色を示す中、
石川小五郎の遊撃隊と伊藤の力士隊だけが参加。
新地会所を襲撃して、力士隊の名を歴史に名を刻みます。

・・・が、なんともお粗末な事に、
力士隊の中心人物であった山分勝五郎以下29名(半数以上!)が、
隊を離脱して萩に向い、藩に反意は無いと投降。
隊士を半数以上離脱させた伊藤もお粗末ですが、
勝ち馬の乗っていたのに、わざわざ降りちゃう力士達も貧乏くじ

萩政府は、力士らを撰鋒隊と共に諸隊討伐に向かわせます。
まあ投降者を最前線に送るのはセオリーですからね。
大田絵堂戦大木津の戦いで、若稲荷勝蔵が戦死しています。

勝ち馬から降りちゃった山分ら元力士隊士は、
萩政府軍が負けちゃったんでこりゃまずいと隠れましたが、
観念して頭を丸めて出頭。
裏切り者は殺せとの声もありましたが、
幕府軍が攻めてくるということで、
少しでも兵は多い方が良いだろうと許され、
山分を隊長としてそのまま存続。名前は勇力隊と改められました。

一方、離脱しなかった力士隊士は、遊撃隊に組み込まれます。
そりゃ裏切った者と一緒じゃやだよね。

その後、力士達は諸隊の一部隊として戊辰戦争に従軍し、
明治2年まで存続した後、諸隊と共に解体されました。

■関連記事■
伊藤博文 ~高杉晋作との関係
 伊藤は力士隊の総督でした。
美祢市 大田絵堂の戦い史跡(幣振坂の戦い)
 大木津に戦死した力士隊士の墓があります。
相撲攘夷
 異種格闘技戦。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。