美祢市 大田絵堂(幣振坂の戦い)

//③/

金麗社から大田川を上って川上方向へ向かう。
大田川は渓谷に沿って大きく屈曲しています。

道を進むと「撰鋒隊士の墓」の案内板が・・。


矢印の方向を向くと畑があり、その向こうに小さなお墓が見える。


撰鋒隊士の墓」。
元治2年1月10日の幣振坂の戦いで戦死した撰鋒隊士の墓。
墓の主は八組士の水津岩之允(28)と駒井小源太(40)。
本来はもっと東の山手にあったようですが、
豪雨などの土砂被害で墓所が荒れてしまった為、
管理するのに便利なこの場所に移設されたそうです。


慶応乙丑 大田絵堂戦跡記念碑」。
「撰鋒隊士の墓」の案内板から100mほど川沿いにあります。
大木津の戦いで退却した三好軍太郎率いる奇兵隊は、
碑のあるこのあたりまで後退。
勢いに乗った萩政府軍は、川上口まで進撃します。
ここを取られると本陣の金麗社が危うい為に諸隊はここを死守。
金麗社にいた山縣有朋も銃声が聞こえてくると、
前線に出て指揮したとされています。


幣振坂」。
奇兵隊第二銃隊隊長湯浅祥之助は、
部下とともに金麗社の御幣を首に掛け、
萩政府軍の背後を突くために、大田川の西側の山を越えます。
そして写真中央の坂を駆け下り、萩政府軍の側面を攻撃。
この側面急襲に萩政府軍は混乱して、態勢は逆転しました。
首にかけた御幣を振りながら駆け降りた事に因み、
「幣振坂」と呼ばれるようになったとか。
この戦闘は川上口の戦い幣振坂の戦いと呼ばれます。

大田川をそのまま上って、二ノ小野という場所へ。

このあたりが幣振坂の戦いの前の大木津の戦いがあった場所。
大木津には奇兵隊約200名が守備していましたが、
萩政府軍が大挙して押し寄せた為に、
先ほどの川上口まで退却したというわけです。

ここでの萩政府軍の中には、力士隊もいました。
力士隊は伊藤俊輔が総督を務め、功山寺挙兵にも参加した隊で、
功山寺挙兵で新地会所を襲った後、約50名のうち29名が脱退し、
萩政府軍に投降。投降した力士達は前線に立たされています。

この戦いで戦死した力士隊士の墓がひっそりと残る。

力士隊士若稲荷勝蔵の墓」。
案内板に従って山道に入りますが、探しても墓らしきものは無い。
もしかしてこれ?とやっと探したのが写真の墓。
花を生ける筒(なんていうのかな?)があったので、
墓と確信した次第です。

後でネットで調べてみると、画像がありました。

石が積んであり、見たものと全然違う状態。
台風とかで石が崩れたのかな?まさかイタズラ?
・・てことは、周辺に墓石が散乱してたんでしょうね。
このブログを見た関係者の方、直してあげてください。
//③/

■関連記事■
下関市長府 維新発祥の地
 功山寺挙兵から維新が始まったという説。
岩国市周東町 通化寺(遊撃軍の本陣)
 大田絵堂の戦いの後に高杉晋作が総督となっています。
力士隊について
 挙兵に参加して勝ち組のはずが・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。