下関市長府 維新発祥の地


維新発祥之地」碑。
長府のある碑ですが、
長府を維新発祥の地としている所以は、
維新の発祥が功山寺挙兵だとする事でしょう。
たしかに功山寺挙兵から始まる長州内訌戦の末に、
正義派政権が誕生して幕府との対決に備え、
幕長戦争の勝利によって幕府の威信が崩壊して、
明治維新に移行するわけです。

・・が、維新発祥と言い切ってもいいものか??
同じように「明治維新発祥地」という石碑は、
奈良県五條市にあります。
これは天誅組の変を所以としており、
幕末最初の武装反乱として、
倒幕・明治維新の魁となる義挙であるとしています。
たしかに幕末に起こった最初の武力蜂起であったわけで、
結果的に失敗したものの、
倒幕」を実行に移した最初でもありました。

この2つの維新発祥のどちらが正かという議論は、
下関に住む僕がどうこう言うのは、
少々公正さを欠くとは思いますが、
そもそも明治維新は武力による政権交代ではありません。
最後の将軍徳川慶喜大政奉還を行って幕府が消滅し、
王政復古の大号令によって、新体制の樹立に至ったわけです。

そう考えると、武力蜂起でどうこう言うには無理があり、
残念ながら天誅組の変が無かったとしても、
幕府の瓦解はあり得たと思われます。
しかし功山寺挙兵より至る正義派政権の樹立がなければ、
後の第二次長州征伐は起こらず、
幕長戦争で幕府が敗れる事もなかった。
こう考えれば長府の維新発祥の方に分がありそうです。

但し、では維新発祥の地であるかと云われれば、
それはどうかわからない。
功山寺挙兵も第一次長州征伐があったからですし、
それは禁門の変が原因となりますし、
禁門の変は八月十八日の政変で長州が京都を追われた為。
八月十八日の政変も大和行幸などの攘夷親征計画が原因で、
ここで天誅組の変との接点が出てきます。

上記でわかるように主要な事件は京都で起こっており、
結局は維新発祥の地は京都なのではないか?
・・もっと遡れば桜田門外の変ではないのか?
いやいやペリー来航が維新発祥??
最終的には「風雲児たち」ではないですが、
関ヶ原の戦いまで遡っちゃいますね。

テニス発祥の地」みたいなものであれば、
最初にテニスの試合をした場所って事になるでしょう。
誰も最初に使用したラケットを製造した場所を指すことは無い。
そう考えると「維新発祥の地」は二条城であり御所なのでは?

そもそも維新発祥なんて大風呂敷を広げず、
倒幕発祥の地」くらいにしておけばよかったんですね。
そうなると五条市の方に分がありそうだな・・。

■関連記事■
奈良県五條市 五條代官所跡
 奈良県五條市に「明治維新発祥地」碑が建てられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。