江戸から来た金さんの作った亀の甲せんべい

下関に「亀の甲せんべい」という幕末に作られた銘菓があります。

江戸の麹町出身の金次郎は、幼少の頃より菓子作りを覚え、
長崎でオランダ、ポルトガルなどの洋菓子作りを習得し、
江戸に帰る途中、兄がいた赤間ヶ関(下関)に立ち寄りました。


増田多左衛門(金次郎)

北前船の寄港地であり、各藩の米倉屋敷や問屋など建並び、
人がにぎわう赤間ヶ関を金次郎は気に入り、
文久2年にこの地で菓子屋を始めることにしました。

現地の氏神である亀山八幡宮にあやかって亀の甲羅を形どり、
精白糖、鶏卵、小麦粉で洋菓子のような煎餅を売り出します。
パリッとした歯ごたえと口に入れると、
トロリと溶ける様な柔か味のある風味がウケて、
たちまち人気の菓子屋となりました。



下関の人々は、金次郎を「江戸から来た金さん」、
江戸の金さん」と呼んで親しみ、
この事から屋号を「江戸金」とします。


「亀の甲せんべい」は現在も変わらず作り続けられ、
下関を代表する銘菓となっています。

■関連記事■
おいでませ山口へ(食べ物編)
 山口県のグルメを紹介。
下関市安岡 友田川と豚刺し
 この勢いが水戸の原動力か?
幕末下関のフグ事情
 下関のフグは安全だったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。